一年間婚活が終わって、気持ちを新たに。
幸運にも僕は、比較的女性に会ってもらえることが多いほうなようだ。
理由は、

1.収入は普通並み
2.容姿は写真うつりが悪いと思うけど、気にしていない。 
3. 自己紹介でインドア型を明確にしている

正直、婚活で会うけど、進展は難しかった。 なぜなら・・・

1.相手の性格
 僕が会っているのが高学歴女子中心なのもあるけど、プライド・主張は高いように思えた。ついていくのが難しい、、、お互い年を重ねて折り合いをつけられるまでには困難さが伴うように思えた。個人的に言うと、自分の主張を通すためのプライドは、安っぽいから僕は嫌い。お互いの利益のプライドならいくらでも持ってもらいたい。安っぽいプライドは、学歴は良くても知性は低いのではないだろうか。

2.自分の時間と金の限界
お金の負担はやっぱり男性が多く払うことが当然。いい年の男子は、仕事も忙しいから時間もない。僕の場合に限ると、入社後生意気なので、いつも採用失敗の烙印をもらう。その後、生意気な性格は、アグレッシブに変わり、会社で評価されると、たんまり仕事が降ってくる。嬉しいやら悲しいやらで時間はない。みんな同じだろうけど、認められたい気持ちは多いが、仕事はしたくない。実際は、”要領がいい”なんていうのかもしれないけど、結局、人に仕事をふる逃亡生活が始まるのは、限界がある。だから下積みは当然に必要なことです。

3.趣味の違い
他の男性は、どうなんでしょう。みんな旅行とか書いているのかなー、僕は、そこまで頑張らないからね。知らないよ。むしろ、ベッタリ夫婦より、一日一緒で一日は、自分の時間を大切にするのが好きだからかな、寂しいやつかもしれないけど、2年も恋人してたら、お互いの時間も大切にするんじゃないかなぁ。


まぁいいや。じゃ、方向転換いってみよー。

今まで、会った人が、半分以上は、僕との交際に進めてくれてるのではないか、と勘違いが多かった(笑)
婚活して、本気交際に発展して、気まぐれ?女性の地雷?を踏んで、結婚を熱望されてた女子に振られて、なんか目が覚めた。

結論から言うと、 

人数選択、少人数集中型 から、 多人数選択、辻斬り型へ

会いまくって、ダメならバサバサ切って、次にいく!
もうこれっきゃない。相性いいようでもダメなこともあるし、深く考えても仕方ない。
少人数で会って選択してても、自分の中で、プライベートでたまたま知り合う女性で運命があるんじゃないかってロマンスを感じてたけど、それは、相手が合せるのがうまかったり、目的が一緒だから勘違いしているだけ。

とりあえず、進んで自分の相性のいい人を見つけたいと思う。
僕が思うに、僕が評価する女性は建前じゃなくて、苦楽を共にできる女性、そんな人がいたら嬉しいんだ。
だって、きっと人生は平たんではないからだ。
平たんではない道のりでこそ、絆は深まって、人間が成長できるはずだから。

それ以上の幸福なことなんて僕にはない。



 

婚活 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
にほんブログ村