婚活中、日常生活で女性と知り合ってデートするのと、僕が感じる寂しさは変わらないのかもしれないと思った。いや、僕が結婚に向かないのかもしれない、とすら思うことがある。

僕も30半ば、普段は会社で会話しないけど、会社のイベントで盛り上がって仲良くなる。でもだいたい一次会でさっさと帰るのが僕だ。だけど、 会社やめた子とは、実はデートにいっていたり、それ以上のことがある。理由は、なにかあっても関係が悪化しない限り、プライベートに影響はないから。

婚活で知り合ってデート。日常で知り合ってデート。
薄っぺらい関係は、お互いに傷つくことを恐れることなく、一定のマナーを守って遊びが進む。つまり、短期間のいいとこどり。苦楽を共に、なんて言ったら人間の醜い部分が見えて疲れるだけ。いいことなし、、、、と今までは信じていたが、結局弱い自分のために逃げていたのだ。

「乾杯 写真」の画像検索結果


正直、僕の中では、3回会って肉体関係がなかったら、もうおしまい、が日常デートのルールだ。つまり、うまくいく人はいくし、いかない人はいかない。あんま長く友達やってると、異性を感じなくなる。

そんなことを考えたらせっかく知り合って、結婚前提です、なんて結婚相談所に入所している自分が変わらないと結婚できないと今更認識。

「遅刻 写真」の画像検索結果


実は僕は弱いだけの人間なんだ。うわべだけ、傷つくのが怖くて逃げてただけなんだ。

「絶望 写真」の画像検索結果



結婚相談所って、実は、結婚したいなんて意識があるけど、自分が変わることがわかってない人の集まりなのかもしれないな、と思った。いつまでも結婚相談所にいる人に気づきをささげたい。

相談所いっても婚活いっても変わらないといけないのは自分なのだと。

「崖 人 写真」の画像検索結果




婚活 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
にほんブログ村