以前、こんな言葉を聞いたことがあります。

女子同士で男性を喜ばせる(悦ばせる)にはどうしたら、いいか、という女子トークで盛り上がったという。

男性がよろこぶ言葉、皆さん知ってますよね、”すごい”です。





この言葉は、昼でも夜でも変わりません。

ただ、使い方を間違えると、”大袈裟な女子” または”嘘っぽい女子” と勘違いされます。


女の子とデートにいきます。男子は、喜ばせるように努め、女子はそれなりに喜んで言います。

”こんなの初めてー” 
”おいしいー”
”きれいー”

・・・・・なぜか全部 形容詞 + "ー" (中棒で語尾が伸びる) + ”すごい”がつきます。

男子は、たぶん女子なりの素直な気持ちと好感度アピールなことはよくわかります。
ただ、男子でも2パターンに分かれて喜ぶ場合と喜ばない場合があります。

Case 1 : モテる男子 (女子の反応に敏感で経験を積んでるタイプ)
Case2 :モテない男子(女子に慣れてないタイプ)

モテない男子から言うと、ほとんど何を言ってもすごいと言われると嬉しいため、どんどん”すごい”を連発させようと努力します。ただ、女子の皆さんもおわかりだと思いですが、モテない男子とは遊びにいきたくないはずです。なぜなら努力しても空振りばかり、楽しむリズムが崩されてモチベーションが下がりっぱなしだからです。

モテる男子は、すごいの言葉も”喜ばれて当然”と思っています。傲慢ですねー。
だって、普段女子が悦ぶツボをしっているからです。まるで、キーボードをタッチをする如く、悦ばせたり、笑わせたり、怒らせたり・・・喜怒哀楽をコントロールします。デートも飽きません。女子も、一種のディズニーランドと違わないかもしれません。ちなみにイケメンじゃなくてもオシャレなので、それだけでカッコイイはずです。

そんな思いあがったモテる男子をギャフンと言わせてみたいと思いませんか?
征服感・達成感は、なかなかのものです。

それは、簡単です。簡単に喜ばないことです、喜びすぎないことです。
男子を気遣うために演技している女子もたくさんいると思いますが、モテる男子は、ちゃんと気が付いてます。趣味は体目的より相手を喜ばせることだからです。きっと、話術もうまいのではないでしょうか。

モテる男子は、あなたがリアクションしなくても、顔の表情や、わずかな反応の瞬間、お互いのリズム、つまり無意識なあなたを見てあなたが喜んでいることをしっています。逆に演技をすると、本当の彼女が見えなくて残念にも心を閉ざされているとさえ見えることもあります。

結論的には、自然体で居てほしい、というのが男子の本音な気がします。男子なりの女子へのお願い
きっと、男子も女子もそうですが、あらゆる場面で嘘はつかないでほしい、そう思っているのかもしれませんね。





婚活 ブログランキングへ

にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
にほんブログ村