会社 で飲み会があった。

どうですか、コマネチさん、彼女できたんですか?---会社の女子一同から酒のつまみに質問がくる。うちの会社は、女性の結婚は五分五分。年齢は、みんな35以上、いや、ほぼみんな40以上、30代後半は、わずかだ。

そんなことを考えると彼女たちも切迫した結婚事情がある。僕とおない年の子は、昨年末からおそらく男女関係が破たんしたと疑われた。なぜなら会社にこなくなったのだ。一時期週1回出勤だ。毎日ホワイトボードに、朝遅刻→午前休→全休が続く。最近やっと通常出勤しかけている。

いや、僕もわかる、わかるよ。20代後半で、早めの結婚をする人たちを遠い目で見て、28,29あたりでそろそろ結婚しないとな・・・・30代前半、やばい出会いはどこ?そう思って探しても、都合のいいときに素敵な人は現れないのだ。30台半ばに差し掛かると、男性は、まだこれから、と言われて、女子はお早めにと言われる。

だが、働き慣れた自分に余裕があるために、ハムスターのクルクル回すやつにひっかかった自分に思えて、生きる焦燥感ばかり駆られて、生きる意味を問いたくなる自分すらいるのだ。女性ならさらにプレッシャーもかかるのではないだろうか。僕の彼女いわく、”もう自分を結婚しない宣言し始めていた”という。なんか間違っていないか、この世の中は。

出会いが待ってこないなら、探しにいく。当たり前だ。
肉食獣の人間が、口開けて待っててもシマウマさんは口にはいってくれない。狩りにでないといけないのだ。

一般的な女性はみんな違って見える、、、口開けて待ってる・・・お金の問題?結婚相談所が詐欺っぽいのか?

細かくは割愛するが、僕と彼女が加入したのは、ゼクシィ、パートナーエージェント、IBJ。
この3社に限りは、サクラは全くいなくてガチだった。中にいた男性が変質者かもしれない、というのは、女性と同様やっぱり、世間ずれしているのは、相談所が選べるところではない。ただ、王子様もお姫様も転がっているのは事実だ。

会社の女子から受けた質問。
”コマネチさん、彼女出来たんですか?” ”ええ、最近ですが。"
”どこで知り合ったんですか?” ”相談所です・・・”

”えーーそんなことあるんだー”

彼女は、40を超えた子で、ちょっと前に彼がいたけど別れたご様子。思わず、”今、交際している人は?”そう聞きたかったけど、別れたと半年前に噂があって聞きにくい。年齢が上がると、お互いに言葉を選ぶ。

"ところで、男性が相談所で知り合う女性のどこを見ているんですか?”

そう聞かれて珍しく、いつもペラペラしゃべる僕の答えが止まった・・・。
え、オレどこ観てたっけ?というか、彼女に答えていい内容か???とかとか・・。

当たりさわなく言ったのは、

”2段階で見てます。ひとつは、会う前、もうひとつは、会った時ですね”


それで会話が斬られたからよかったと思う。
僕どこを見ていたんだろう。

会う前なら強いて言うなら、年齢ぐらいだろうか。あとは、自己紹介は、話のネタになるので、それ以外は、キャラが自分と合うかどうかぐらいだ。ホームパーティとかゴルフとか僕の禁止ワードはもちろんあった。

会った後は、ヒールの高さ、口調、いろいろ見ていた。会った人で相性を感じた人は、だいだい長い目でみようと思っていた。顔は実はあまり気にしていない。とっりあえず、会いまくってフィーリング重視だ。

会社の子に質問を受けて、ベラベラいろいろ語ることも言えたが、語った後で僕が女性のどこを見られているか気にされるのがつらい。職場を見ている限りでは言えないことがいっぱいあるのだ。女性の皆さんの前では、服装についてのツッコミとかはとても言えなかった。本当は相談所は効率的で手っ取り早いといいたいのだが、なかなか言いたかったけど、なにもいわないで終わらせた僕がいた。

みんな幸せになれますように




   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
スポンサードリンク