”では、コマネチさんから一言どうぞ”

ステージのある会社での飲み会。
入籍した人が一言話す場で同僚に報告した。

プライベートなことなので、いちいち同僚に言うつもりはなかったが。


「stage」の画像検索結果



そう、僕は、彼女と出会って丁度1年経過した日に入籍。


「the day married」の画像検索結果


入籍前後は、結婚するということに”なんとも言えない興奮”と不思議な感覚だった。一番の失敗は、区役所の営業時間外に届け出にいくと、受理が数日後に確定になること(笑)

おかげで、2,3日は不受理にならないか怯えた日々だった。


結婚までの道のりが何事もハッピーだっただけではない。


ちょっと前は、マリッジブルーも多少経験した。

ご存知の通り、結婚式の準備。乗り気じゃない結婚式に渋々付き合ってるところに、清楚な彼女が鬼の形相でキレたとときは、”じゃやめよう”と言いたいのは本気と書いてマジな気持ち。その後の顔合わせでも一悶着あって、他の女性を探したくなる気持ちになった。

こんなに気苦労するのに、なんで俺は一緒になることを考えるのだろう?そう考え始めていた。

彼女が出会った仲で一番相性がよく、優しい女性だと知っていても、僕は、逃避したくなったのだ。

その後、入籍してもしばらく一緒に住んでいない。なんでも家具が揃ってない、調理器具が万全じゃない等々の理由で彼女は一緒に住まなかった。後に詳しく書くが、この辺は、大人の女性としてはマナー違反だと思う。


その一方で、結婚のゴールは、順風満帆な人はいないだろう。結婚とは、生活を一緒にする上で、考えだったり細かいところまで見えてしまうものだ。

”ちょっとぐらいしょうがないよね”そう言えるお互いの文化の擦り合わせができる人かどうか、が大きなポイントになると思う。

「a road」の画像検索結果


30歳を超えて、言われて直す人は珍しいと思うので、むしろありのままの形を受け入れられるかどうかである。

最近は、どっちが先に”おなら”をするか競争をしている。その辺は楽しくやっている

世間一般の人たちが不倫でなんやかんやいっているが、個人的には、どっちでもいいと思う。本人たちが好きにやればいいので、周りからどうこういうべきではない。むしろ結婚という制度に意味があるかどうかも微妙な世の中で結婚をしてみた。

彼女には申し訳ないながら、いつ、どこでどのように結婚が破綻するかわからない。

だからこそ小さなことでもしっかり話し合って、お互いを許し合い、変化に柔軟性を高めていきたいと思っている。

やっと人生の次のスタートポイントに立った。
終わりは・・・

当分見えない予定だ。



ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ


■■■■■■■■■■
■女子なら無料登録、ゼクシィ恋結び■
■本人確認で安心!
千円からの婚活パーティ!
~~OTOCON~~

■Facebookで恋活・婚活【pairs】


■街コンアプリ♪大同窓会フェス:
日本全国で25歳&30歳の大同窓会フェス開催

■合コン街コンアプリ【 Rush (ラッシュ) 】
憧れの職業と合コンができる!


スポンサードリンク