猛暑が始まりましたね。
最近は、忙しくて、バタバタしてます。

明日はオシャレなレストランでディナーだから楽しみだね!」 

妻がそう言った日は、「結婚記念日」。
1年前、僕たちは、品川区役所で日が変わると同時に「婚姻届」を出したのでした。
※後に業務時間外に出すことは大きなミスなことに気が付きますが。

山もあり、谷もありましたが、今は、比較的平穏な日々が続いています。


僕達には生活のリズムが出来上がりました
平日」は、彼女が朝・夕と食事を作ってくれ、彼女が早番の時の朝と通常の夜は、僕が茶わん洗いをします。
土日」は、僕だけではなく、彼女の休みでもあるので、なるべく外で食べるようにします。
お金もかかるかもしれませんが、土日は僕も疲れているので料理はできないし、彼女も休んでもらわなければなりません。
その他雑用はお互いに負担しています。

特に最近言えることは、「お互いをリスペクトする(感謝する)」という習慣が出来上がりました。

僕らはなんとな~く毎日が過ごしています。
変化がなければ、お互い普通に過ごします。
お恥ずかしいながら、だから書くことがないのです。

僕は彼女が僕に未だにロマンスを感じてくれているかはわかりません。
彼女は楽しそうにはしていますが。

ただ、僕は、彼女に対して、交際前のSEX的な魅力より、「家族の視点」で見ています。

「は?」

なんて思う人がいるかもしれません。

家族の視点」とは、彼女の心配もしていますが、彼女の家族も心配しているということです

お母様を亡くしたお父様が一人でいる時間が増えたと思ったら、敢えて彼女を実家に帰します。僕との時間はいつでも作れますが、お父様との時間は限りがあるからです。

料理を作って差し入れもしてもらうようにしています。

ただ、僕の思ったようにお父様が喜んでくれるわけではありません

最近、仕事の関係で車の運転を覚えることになったのですが、運転の練習も兼ねてお父様に差し入れをするために彼女の実家に行きました。
交通量の少ない夜を狙ってノロノロ運転で夜中に到着。
そして、彼女を通じてお父様に怒られました。

「夜中に運転したら危ないだろ!昼間に来なさい!」

だそうです。
なかなか気苦労は絶えないかもしれません。。。。



ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ








スポンサードリンク