皆さん、こんばんわ。
昨年健康診断でひっかかり、大腸検査で小さめのポリープがあったので、 明日は1年目点検の大腸検査です。

サラリーマンあるあるなのかもしれませんが、
原則、「男子って会社で孤独と常に向き合うことになります

なんだかんだ女子も同じなのでしょうかね。

孤独の反動から、風俗だったり、キャバクラでストレスを発生することが昔の男性は多かった気がします。今では、スマホなんですかね、要するに「自分の世界に引きこもる」男性が多いのはそういう理由です。

僕が今体験していることは、
思った以上に転職先の同僚が僕も含め
動物園」なところでしょうか。

特にショッキングだたことは、
自分と仲良くしてくれている人が
実は「相当癖が強かった」ところです。

ご本人は恐らくプライドがあるのでしょう。

年上である=自分のほうが仕事ができる=周りより評価が高いのは当然

この方程式が成り立っているように会話の中で見えます。
私から見れば上だろうが、下だろうが「どうでもいい」のです。
やることをやって、「お互いに迷惑をかけなければいい」のです。


当人からの引継ぎをしているのですが、
1.もらった毎の資料が最新ではないので何度ももらうことになる
2.納期優先で多少のコストは無視するべきなのに、お金の交渉にこだわりすぎて、待たされ過ぎた取引先が激怒寸前

もうめちゃくちゃ。
確かに彼は、カバンもコートもかなりボロボロ。
机もぐちゃぐちゃなのです。

僕は、引継ぎ早々
担当引継ぎの段階で、
お詫び行脚・火消のスタートです。

そういえば、先週上司に飲みに誘われ、話を聞いていたら、、、

「彼の期限と相手の温度感が違い過ぎて問題になる」

こぼしていた理由がよくわかったりする今日この頃。

男性で、寛容な人は、
相手が考える期限とズレが生じ、
問題を起こす人は多い
ように思えます。

婚活でも多いんじゃないかなぁ。

さて、前置きが長くなりましたが、
僕がつらいのは、今まで仲良くしてくれていた人で、
ニコニコして彼の周囲の人の愚痴を聞いていたわけですが、
「実は彼が結構な問題キャラ」なことがわかり、
聞くことが辛くなったことです。


いきなり冷たくするわけにもいかず、
忙しいから適度に距離を持とうとしているんですけどね。

そんな中で、一番の僕のストレス発散は、奥さんとの会話。
今日こんなことがあって、あんなことがあって、、、
奥さんと会話することが日々減る中で、一番癒される瞬間である。

家の中で孤独を感じたら、家に帰るより外で時間を使って「自分の世界に浸りたくなる

家の中で居場所があったら、家で「自分の世界に浸りたくなる

奥さんが同じ視点まで合わせてくれたり、
聞き上手な人と結婚してよかったなぁ
と思うのはこういうときである。

よく女性はエステとか、化粧に時間を取りたがるかもしれないけど、実は、男子は、聞き上手で料理がうまかったらだいたい満足してしまう気がするんだよな、結婚後は特に。

ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



スポンサードリンク