前回の記事が冷たく見えたみたいですね。
言い訳をさせてもらいたいと思います。

僕の先週末のスケジュールは以下の通りです。

その前:プレゼント交換
土曜日:夕方まで会社で仕事後、イルミネーションツアーで都内数カ所を回る
日曜日:一人暮らしの義父様へ、彼女の手作り料理をお届けドライブ
月曜日:風邪でおなか壊してるけど、シャレオツなレストランを手配して食事

一応~やることやっているつもりなんですよね。

そして、彼女には「僕はベッタリが好きじゃない」ことを伝えています。

夫婦の時間は大切ですが、「死を別つまでの約束」は「あくまで心意気」ですので、僕は「お互いを自立させたい」ので、それなりに自分たちの成長のために勉強時間も必ずとるようにしてます。


ちなみに、最近プログラムを勉強してこんなサイトを作ってます。

http://jpmarket.net

とある賃貸サイトから情報を取得し、日本の主要エリアの賃料比較、礼金、敷金比較をしているサイトですね。
今は手動でいくつかのプロセスをしているんですが、そのうち全部自動にして、毎週データをアップデートし、月次でレポート作成をするように機能アップさせていくつもりです。


早く子供つくって、僕から離れられるようにしないとね」と依存度があまりに高いので奥さんには言うのですが、彼女も負けじと、「私は子供がいても、旦那さん優先だから!」と言い返されます。

おのろけに聞こえるかもしれませんが、
それぐらい「ガッツがある妻」のほうが僕の「妻」には向いてます。

率直に、僕たち夫婦が体裁を保てるのは、妻のおかげです。
僕はダメ人間ですし、ダメ人間でいいと思うんですよね。
背伸びしないのが僕たちの関係です。

ただ、奥さんが一番であること。

妻への感謝からの「家庭奉仕」と「緊張感」を持ち続けて「気配り」することが、僕の家庭での「仕事」であり、「立ち位置」と考えています。

・彼女を喜ばせるイベントは考えているか?
・彼女を喜ばせるためのプレゼントはなににしようか?
・彼女のお父様、姉妹の心と体の健康は保っているのか?
・彼女が、今、または、将来に必要とすることは何か?
etc....

緊張感を失って、甘えるのが僕が一番自分に対して恐れていることでしょうかね。

変な話、仮に他の女性と肉体関係を結んでも、奥さんファーストなので、「スポーツ」です。
道端でバドミントンやらフットサルに加わるのと一緒です。
(最近は興味すらほぼなくなってきてますが)

緊張感を失ったら、いつか僕たちの関係は終わるでしょう。

彼女も甘えモードの時は、マッタリしてますが、元々「厳しい」性格の持ち主なので、斬るときはバッサリです。だから僕もいつかバッサリでしょうね。

僕らの関係がいつか終わることは、仕方がないことです。

結婚式で、教会?または、どこかで誰かをアルバイトの神父さんをつけて、約束しても守られる時代ではありません。

繰り返しになりますが、あくまで「心意気

今は浮気だの不倫だの騒いでますが、他人のことなので、知ったことじゃないのです。
結婚して死ぬまで我慢する時代は終わり、自由恋愛になってきています。
いわゆる、フランス流なんですかね?

そのうち結婚よりパートナー制度を選ぶ人も増えるでしょう。

だから、結婚相手も慎重になりすぎて、未来予想図で必死こく必要はありません。
慎重になりすぎては、誰からも相手にされません。
どんな形でもいいから前に進みましょう。

失敗したら、「トイレと一緒」、拭いて水に流せばいいのです。
次へいって、後悔しない関係、お互いにプラスであればいいのです。

なぜなら、悩んでいる間も、時代は誰かを待たず進んでいるからです。



ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



スポンサードリンク