妻が横で寝ています。
起きる前に、ブログの存在がバレないように
ササッと書いちゃいましょうね。


筆者は、最近会社の女性から
「どうしたら結婚できるんでしょうか?」
なんて相談をよく受けます。

また先週は、前の会社の新年会に参加。
半分以上は、僕を直接知らないわけなのですが、すっかり有名人な僕(なぜかわかりませんが)は、また婚活アプリ信者に「婚活論」を唱えました。


そんな迷える人達にアドバイスしていることは何か?

勝てる状況で当たり前に勝つ

ということです。

婚活でつくづく思うのは、以下の3点のお約束を守れない、わかっていない人が多い気がします。

1.出会いの機会とはどういうことがあるか?
2.自分に対してどういうニーズがあるか?(好まれるか)
3.婚活の盲点を利用する

1.「出会い」に関して
「出会いの機会」これはもう当たり前ですが、箱に入っていては、誰も探しません。では、さっそく婚活の会に参加しましょう・・・しかし、うまくいきません。いい人もいるけど。。。。

でもいいです。「人と会う」という機会まで辿り着けるなら大成功だと思います。

2.「自分のニーズはあるか?」
出会いはあってもうまくいかない、いい人がいない人は、厳しい現実と向き合えるかどうかがポイントになります。

結婚相談所、婚活パーティは「どらえもん」ではありません。
人と会う回数を増やすだけの場」というのが筆者の結論です。

婚活では、勝つ状況はおおよそ以下の通りでしょう。
20代の女性 :どんな相手でもOK
30代前半女性:30代後半の男性
30代後半女性:40歳以降の男性
40代女性:年上の男性

どういう相手となら勝てるのか?(容易に成功するのか)

勝てる相手と知り合う」これが必須だと思います。
要するに、
「選んでもらう側」なのか「選ぶ側なのか」を選択するのかになります。

選んでもらう」=陳列棚に並ぶ=なかなか商品として発見してもらえない
探してもらえる」=レジャーハンターの如く探してもらう

勝つ状況であれば、懇切丁寧に接してもらえますが、選んでもらう側は、逆に気を使ったり、あれやこれやと手を尽くす必要がでてきます。

3.婚活の盲点を利用する

婚活は、よく同い年がいい、とか、お金目当てなんて、、、という人がいますが、いずれも「現実」です。

同い年=価値観が近い

お金 =実生活に大きく影響

筆者が最近思うのは、お給料のカテゴリー=価値観のカテゴリーがあると思います。それは、そういう教育を受けて育ったり、哲学が身についているからです。

金持ち喧嘩せず、は本当ですし、不動産の仕事をしている筆者は、大金持ちは、気配り上手な人が多い印象です。我が強い人もいますが、「人と決着をつけるのがうまい」です。

マンションのゴミ捨て場に行くと顕著ですが、ゴミの整理も上手ですし、体に悪いものがでてこないのもゴミの中身の特徴です。(マンションの管理人さんが分別しているとそういってました)

話はそれましたが、女性の同僚だったり、友達から同い年の若い男性を探したがっていますが、筆者は「賢い選択」とは思っていません。むしろ2番のパターンのように年上の男性のほうがいいでしょう。


理由は簡単で、若い男性との結婚は、「男性の将来性」に人生を賭けるようなものだからです。
逆に、40代に近くなると、男性の60歳ぐらいまでの未来像が容易に想像できます。

・友達が多いタイプ
・仕事で成功しているタイプ
・預貯金が得意な節約タイプ
・女友達に好かれるタイプ
・旅行好きタイプ

等々です。

50代近くなると、すでに出世のレールの先も見えて、すでに成功しているか、失敗しているかはっきりしています。経済的に豊な人と結婚すれば、楽ですし、逆に豊ではない人と結婚すれば、困窮します。だいたい、その年齢は、服装みれば、遊んでいるかどうかもわかるでしょう。

よく年上は嫌だ、という人もいますが、「人生をギャンブルにさらさない」という考え方も選択肢のひとつだということを忘れないでください。

最安値水準・一番お得な相談所!
ゼクシィ縁結びカウンター

ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ







スポンサードリンク