婚活で心がけること、僕はつくづく思うのは”容赦してはならない”ということ。

・紹介者からのオススメ紹介

・初めて会うファーストコンタクト 

・お気楽なデート

様々機会で、”もしかしてこの人は運命の人?””もしかして、この人は相性が合うかも?” 様々な勘違いが飛び交う。

僕の経験上、運命の人はいるんだろうけど、みんなに言いたいのは、なんとなく違う人ならば、できるだけ早く叩き斬るの一番だ。

残酷かもしれないけど、時間もお金も有限だ。無限なものはあるのだろうか?

話が合わないと無言空間が苦痛にすらなる。お互いの信頼関係があえばそうでもない。

話術が適していたらきっと、いい関係に、なんて思うかもしれないけど、話題が合わないときつい。
話題が豊富だったら、なんて思っても、性格だって合わないかもしれない。
顔がイケメンでも美女でも一緒だ、合わないものは合わない。

話が進めば進むほどに無理してあった人にお断りをいれるのはしんどくなる一方。
相手にお断りをいれることで気分を害されるかもしれないけど、相手の時間だって、オシャレにかけるお金も節約できている。

婚活最初、いつまでも悩んで眠れなくなったことすらある。
ただ、数をこなせばわかることがある。

相性が合うと思っても、繊細型の子は、ひとつの失言で、暖かく許すのか、急変して、気づき上げたものを崩したりする。男性もたぶん同じだ。

結婚は一生もの。何十年も生きることを考えたら、お別れが一番。
今辛いことは、心にとどめて先に生かせばいい。
もしかしたら、出会った人はいい飲み友達にだってなるかもしれない。
失敗したらやりなおせばいい。離婚したって一緒。

まず、何事も一歩進むことが必要。躊躇なく。






婚活 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
にほんブログ村




 
スポンサードリンク