女医であるA宮さんは、写真だとシュッとした感じでしたが、実物は、ふつうの子。
ただ、教養のある顔つきと清潔感のある子でした。 

元々縁がない、ひやかされている気分の僕は、ちょっと緊張するものの、世間で騒がれる職業の女医さんと普通に接することができました。 

ホテルのラウンジ前で初めて会話を交わします。
僕:”A宮さんですか?”
A宮さん”そうです、コマネチさんですか?”
僕:”そうです。本日は、よろしくお願いします。こちらのカフェは、僕が予約しようとしたんですけど、予約受け付けてないみたいで・・・予約とかされてます?”
A宮さん:”いえ、していません”

僕:(頭の中)そ、そうか、、、初めてのお見合いだけど、いきなりカフェいって予約せずにいくものなのか・・・満席が長時間になったら、重いな。

話すと、普通の子。普通の人。偏見は間違っていたと思いました。 
僕が知る東大の人はリアクションが薄い人だったり、空気の読み方が人と異なるタイプが多かったからです。

普通に終わって、普通に彼女にOKを出して、彼女からもOKをもらいました。

そして、次会うことになりました。

ただ、忘れてはいけません。
アラサー女子の醍醐味は、内面が落ち着いた女子もいれば、外見だけ落ち着いた女子もいます。
物事は慎重に。

つづく 



婚活 ブログランキングへ
にほんブログ村 恋愛ブログ 男の本音・男心へ
にほんブログ村
スポンサードリンク