結婚相談所に思い立ったらすぐに加入すべきかどうか?について僕なりに検証していきたい。

今回は、年齢に関して問題を3つ考える。女性の年齢、時間軸、男女ホルモン。

(1) 女性の年齢
あまり触れたくない話題だけど、男性が年齢を気にしているのは、不妊の可能性を気にしているのだ。じゃぁ40代に結婚の可能性は難しいのか?いや、そうではない。僕の同僚には、子供にはお金もかかるし、自分も40代だから子供はいらない、といえば、対象年齢の壁はなく、むしろ、メンタル的に大人な女性が好まれる

(2)時間軸
僕が合コンとか職場で知り合うか、婚活でお金で出会いを買うべきか悩んだが、ダイレクトに舵を切ることにしたのはこれ。以下、ご参照されたし。

子供が生まれるまでの時間約2年以上=
婚活で知り合って交際(選択期間3か月)+知り合って相応の時間(6カ月)+婚約と結婚(6カ月)+第一子誕生(11カ月)

医学的に35歳から高齢出産であることを考えると、33歳の段階から頑張らないと高齢出産はほぼ確実となる現実があるのだ。女性だけが、不妊の問題を与えられがちだが、男性も精子の衰えを忘れてはならない

(3)男女ホルモン
昔、こんなシーンをみたことがある。定年間近の副部長が、若手に話しかけて回る行為を”徘徊”と揶揄されていたのだ。笑って聞いてられるかもしれないが、この副部長、まったく同じ昔話を1日3~4回、ひどいときは、6回ぐらいするぐらいになっていた。さて、みんなここで考えてほしい、この老化現象はいつから始まったのか?だ。

男性も女性もそうだが、年を重ねると、気難しく、物事を受け付けなくなってくる。これは、人間としての経験が多くなり簡単なことを相手にしたくなくなった、という見方もあるが、実は、ホルモンのバランスである。だから、あの人は変わったという言葉よりかは、年を重ねているのだ。そうなると、人のために頑張れる力、思いやる力は、日々磨かないと、人との出会いで、知らず知らずのうちに年をとった自分をさらけ出すのだ。お化粧やカッコイイ洋服を男女がきたとしても。

例外がある。人に頭を下げるサービス業・気を遣うマネジメントの役職者は、この老化と戦っている、とだけ追記しておきたい。彼らは、メンタル面で若さを維持できている。


最後に、僕は熟女好きというか年上好きである。なんでか?確かに若い子は、肉体的に形が綺麗で魅力的だけど、人間性でまだ成長ののびしろが多い。年上の人は、は、いろんな話をしてくれて、人生の勉強になるからだ。



   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
 
スポンサードリンク