あくまで男目線のアラフォー婚活

恋愛力学を分析解析して婚活から結婚までを日記形式で語ります。

アラフォーとアラフォー向けの男目線を生かす婚活女子のためのブログ

貞操観念は有益か?

貞操観念は有益か? ~Part 3~

※この章は男性目線で、すごく不快になる方も多いと思いますので、不快になった時点でご退出をお願いします。



>>>Previous story

僕はこんな経験がある。

貞操観念が強い女性とベッドを共にして、3回ほど”ちょっと待って”と言われて素直に従ったこと。彼女はアラフォーだったが、男性との交際の数は少ない実家暮らしの子。

偏見かもしれないけど、

貞操観念が強いが強い子 = 実家暮らしの子 

が多いように思える。たぶん親の前のメンツを気にしていると思うんだけど。

別に、1,2回ならわかるが、、、、3回も続くと、結婚前のSEXレス状態というか、なんか男性側としても、関係を持つことに面倒くさいという感じなってくる。じゃ、関係を持ったら、すごい感動があるのか、と期待してはいけない、ハードルを考えてみる。関係を持つ回数が少ないのだから、ぎこちないに決まっているのだ。なんか待ち損ではないだろうか、、、とさえ頭をよぎる男性の主張だ。

ただ、言えることは、男性は、関係を持つまでは、心身ともに愛情を注ぐことはできない生き物だ、ということだ。体でも恋愛する男性としては、心で愛情は感じても体でも交際できないと、相性が悪いと終わりかける時限爆弾化する。

そして、あなたが先を見通せる賢い男性のほうが将来性があるわ、そう思って選んだ賢い先見の明がある男性なら、その男性は、頭の中でA=B=CならばA=Cという高校で最初にならう数学の公式を思い浮かべているかもしれない。

A=好きな女性が体の関係をもたせない
B=彼女は保守的でなかなか譲らない、相手に合わせない性格だ
C=これから長い年月を過ごすにあたり頑固者で手が付けられない

A=C、つまり、今関係を延期され続けると、結婚して何年かしたら、譲り合う人生より、譲り続ける人生が起きるのではないだろうか、と。たかがSEX,されどSEXになりかねない。大げさかもしれないけど、男性は女性と違って、真剣、切実な話だ。

婚活で相手とやっていけるか不安に思っているのは、女性だけではなく、男性も同じなのだ。当然将来どんな人になるかは想像してくるのではないだろうか。

もちろん、、、 

女性が損するばっかりじゃない!

という意見もあると思う。

でも、基本に戻ってほしい。あなたは婚活しているのだ、とすれば、

時間は有限だ。

婚活の基本は相性が合う合わないを早く見つけて、合うなら進めればいいし、合わなければ、延命するか終わらせるかだけの話。男性が体の相性が悪くて早く終わったとしても、延命させてる間にあなたと相性が合うかもしれない男性は、過ぎ去っていくかもしれないことを忘れてはならない。

ただ、先に関係を持つことを伸ばしすぎて、他の女性にけしかけられて、その子と関係をもって、他の女性に気持ちがうつるなんてリスクも忘れないでほしい。



   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  

貞操観念は有益か? ~Part 2~


※この章は男性目線で、すごく不快になる方も多いと思いますので、不快になった時点でご退出をお願いします。

>>>Previous story


前回の章で、"女性をお姫様のように接待すること vs  普通の生活までのプロセス"を書きました。

また、この貞操観念は、年齢別にも分けられる内容でもあります。失礼な限りですが・・・・

男性が思う、各年代別貞操観念が強い子にたいして思うこと

20代前半女子: 頑張り度100  / 真面目な子で清潔感がある人
20代後半女子: 頑張り度   70  / ちょっと堅いんだな、付き合ってからのプロセス長そう
30代前半女子: 頑張り度   50  / 世間慣れしていないのかな?
30代後半女子: 頑張り度   20  / そこまで頑張るリスクがあるかわからない
40代前半女子: 頑張り度 ?? /  たぶん別の男性を探すべき

おそらく20代から女性の交際方針はあまり変わらないのではないでしょうか?ですが、男性が女性を観る目は、非常に厳しいものがあります。美魔女と呼ばれて喜ばれているのは、当人と女性たちで、男性のテレビのコメンテーターは反応しているかもしれませんが、男性は少しも嬉しくありません。

では、男性は、何を求めているのでしょうか?

男性が求めるもの、僕はおそらく知恵の研鑽だと思います。身勝手ながら。
女性は、若い頃は、男性にチヤホヤされて、社会構造の上からスタートしますが、男性は、最下級社会からのし上がるプロセスを歩きます。虫けら→家畜→奴隷→人→ヒーローです。

そんな人間関係の中で、男性は、大切なものを取捨選択し、賢さが増します。いわゆる、世間を知るってやつです。そうなると、女性が20代前半でものを知しらなくて、慎重になるのは、とても理解ができます。20代後半では、多少慎重な性格の人もいるよね、成長中という理解で終わります。

30代になると、肉体関係は相性確認のプロセスのひとつにすぎず、大きな対象ではなくなります。そこを必至で守る姿を見ると、そこしか魅力がないからなのか?とすら思えることがあります。かつて、ダウンタウンの松本さんが、松本紳助という番組で、美人ほど簡単に肉体関係を許す、といったほどです。この意味は、おそらく自分に自信がある人間ほど、また戻ってくる自信があるので、肉体関係をしても損だと思わない、と僕は理解してます。ここで男女の肉体関係の価値観の差が大きく生まれていることにご注意ください。僕の個人的な意見としては、肉体関係は二の次で、深酒していろんなことを前向きに語れる飲み友達の女性のほうが魅力的です。

では、男性が求めるものを一言で言うとなんでしょう?
僕の予想は、男性は、関係をもっても、卒なく対応する女性の賢さを求めている気がします。

もちろんヤリモク(ヤリ目的)な方もいるでしょう。間違いありません。僕も目の前で素敵な女性が体を許したら、水泳の飛び込みバリに頑張ります。その一方で、かつて、留学先でフィリピン人の20歳のメイドさんに誘われて、ワタシエイゴワカラナイと逃げましたが・・・。

アラフォーぐらいで肉体関係を誘われたときは、理想としては、断ること自体は問題ないので、相手を不快にさせずに断ってほしいな、とか思ったりします。ワガママですねー、ごめんなさい。ナンパに慣れた男性は別ですが、男性なりに勇気をもって話しかけているので、断り方に思いやりがないと相手を感情的にしてしまうこともあるのかなと思います。

このブログを見て、どんどん関係をもっちまおうぜ!っていう気はありません。ですが、前の章でもいいましたように、それが、肉体関係が普通になるまでのプロセスであることが忘れないでほしいなと思います。




   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

 ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


 

貞操観念は有益か? ~Part 1~


人と仲良くなるとは、同性の友情でもそうだけど、距離がだんだん近くなる、それが男女の場合は、距離が近くなって重なり合う(いやらしい表現ですが・・・)それがハートの距離


最近気が付いたことがあります。

婚活している女性 = 貞操観念が強い 


僕の偏見かもしれません。しかし、悪いことかどうか?を考えると、いいことだと思います。ただ、男性にとってそれがいい結果になったのか、それは、男性がどう思ってしまうのか、ということをみんなに考えてほしい。

婚活女子のブログを見ると、何回かのデートで男性に体を求められて、腹立たしく思う女性が多いようです。こちらは、悪いことなのだろうでしょうか?

男性的視点で言えば、3回ぐらいで関係をもてる女性なのか見極めたい、というのが本音です。


この見極めとは、なにかというと・・・

(1)自分は、対象の女性が興味をもってくれるレベルの人間なのか?
(2)自分は、対象女性に対して関係を持ちたくなるのか?

ということです。両方成り立たないと頑張れません。女性は、男性が自分をねらっているのではないか、と思うと不潔に思い嫌な気持ち半分、魅力的な男性なら嬉しい半分のときもあるかもしれませんが、男性は(2)に関して、かなりの高望みします。おそらく男女ともにそうですが、自分の好みのタイプのハードルを越えないと、逃げられても”ふーん、そうなんだ”で終わってしまいます。お互いにとって時間の無駄です。

婚活というのは、初期段階はお互いに少し軽いとこからスタートします。
初めは、理想の相手を探して入会し、現実的に自分に合う人を見つける。
現実的に合う人とはなんでしょう?僕はそれを、自分が知らない自分の好みの人の発見、そう思っています。
男性であれば、女性の性格・品格・体の相性、もしかしたら仕事にも興味があるかもしれません。
僕が一回成婚退会した女性、その後、失敗し、再入会し、今うまくいっている女性は、最初の希望とだいぶ異なります。とりあえず会ってみるところからスタートした人です。

恥ずかしながら、僕は婚活外で知り合う女性と3回デートしたら関係を持つかどうか判断し、気に入っていたら交際に進んでいました。

だけど、婚活が始まり、何人かの女性と3回以上デートして気が付くことはみんな”スキがまったくない”ところです。それどこか、女性たちの話の内容から、

関係を求める男性 = 不潔な人

というイメージです。でも男性から見たら、3回もデートしたら、ネタ切れの恐怖しかありません。

女性を盛り上げるエンターテイナーとしての期限
です。

皆さんのお父様は、いつまでもお母様を盛り上げていたでしょうか?何気ないスーパーにいって、一緒にご飯食べて、どっかに軽く遊びに行く、普通の生活が幸せだったのではないでしょうか?

ですが、男性の恐怖は尽きないのが現実です。それは、女性に話題を事欠かないこと、プレゼントにセンスをつけて彼女を喜ばせること、料理、仕事、収入、彼女を楽しませ続けることが必要なのではないか・・・常に男性は喜ぶあなたの顔がみたいために頑張り続けるのです。

女性の中で結婚で起こりやすい勘違いは、"女性をお姫様のように接待すること vs  普通の生活までのプロセス"のように思えます。お姫様接待待ちであれば、正直婚活はしないでほしい、というのが男性の本音でもあります。

関係を持つことも普通の生活までのプロセス、そう思うのが男性本能のワガママではあるのですが、女性の皆さまはいかがお考えなのでしょうか。

>>>next story





   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
  
アクセスカウンター

スポンサードリンク
最新コメント
最安値水準・一番お得相談所!
ゼクシィ縁結びカウンター

アラフォーなら婚活パーティ!
参加費1,000円~



楽天市場
お問い合わせ
お問い合わせは こちら
メッセージ

心の声をきかせてください♪

名前
メール
本文
スポンサードリンク