あくまで男目線のアラフォー婚活

恋愛力学を分析解析して婚活から結婚までを日記形式で語ります。

アラフォーとアラフォー向けの男目線を生かす婚活女子のためのブログ

After 成婚退会

親が考える結婚に必要なこと





実家に帰って、ちょっとゴタゴタがあり、 ヘコみつつ、実家から帰ってきて、いろいろと相談しているうちに両親の結婚観を聞いた。

僕は30代半ば、僕がヤングジェネレーションなんていう気はない。

ただ、婚活ブログを見ていても、みんな”いい男”・”いい女”を探している。。
実際、いい男、いい女ってなんだろう?よく思う。

僕は大学生の頃は、よく女性と付き合っていた。別れて、”しばらく女性はいいや”なんて言ってたけど、社会人になったら、めっきり女性と交際することはなくなった。なんか・・・警戒というか、こーだから、ヤダ、あーだからヤダといって、ワガママ放題。

いろいろな異性と知り合ううちに思ったのは、”ああ、あの頃のあの子・・・本当は、結婚まで持っていくような素敵な子だったのに・・・僕は・・・間違っていた”とか、イケイケだった子がママになって、素敵な女性になって、環境が人を変えることを知った。僕が信じていた人間性というものは、意味がないことを知った。

今日、両親から聞いた結婚観は、シンプル。
いつも言っていることかもしれない。

”結婚は、これから大変なことがいっぱいある中で、一緒に乗り越えれるかどうかが問題なのよ。”

他のブログもそうだし、なんか不平不満ばっかり。ネガティブワードが占めている。
僕も御多分にもれず、気が付けば、自分勝手なことを言っている気がする。

相性という定義があるならば、それは、顏やSEXではない。
いい男・いい女というのも魅力のうちにはいるかどうかは微妙。
大切なのは、物事を乗り越えられるかどうか。
そうじゃないと、恋愛の域はきっとでていないのだ。

ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
オーネット←婚活の超大手


エン婚活 ←オンライン完結の低価格・専任コンシェルジュ・自分磨き講座!


結婚相談所Bridalチューリップ入会←Facebookで1位のいいね数を獲得

真剣な方が集う大人の婚活パーティー♪←丁寧なパートナーエージェント主催!


IBJ PARTY☆PARTY!←年収明示・急拡大中のIBJさん主催

東京・大阪・愛知・福岡向け◆
◆毎月200回以上の婚活パーティー◆
カップリング率50%♪   ◆
◆Mixi主催の youbride party♪◆


成婚退会後、男性が陥りやすい過ち



皆さん、こんにちは。

退会後の昨年は、彼女と一緒に結婚へのペースを進める・・・つもりが、結婚まで盛り上がりすぎて、なんかペースが早すぎて、もう少しペースを落とそう、 そういった僕です。

これには理由があります。

情けない男、そういわれてしまうかもしれませんが、僕みたいな男性、白黒ハッキリつけて、即断即決型の僕でも、結婚を進めるプロセスは非常に悩む、ところです。

これって、17歳の頃に経験したことに似てるな、って思います。いわゆる、"初めて彼女を作ったとき"です。彼女は、もう暗に"いつでもOKよ"状態なわけですが、僕はそれでも慎重です。

じゃぁなぜ慎重になってしまうのだろう?というところですが、、、

おそらく、その心配事・決め事に頭の整理がついていないのだろうと思います。世の中の男性が、結婚前にもたつくのは、こんなときのだろう、と言うのがよくわかります。

あんまり悩むくらいなら、大胆派の"エイ、ヤッ"といった行き当たりばったりの体当たり作戦のほうが本当は強いんだろうなと思います。でも~僕がエイ、ヤッを簡単にしないのは、成るようにしか成らないという考え方だと、成るようにしか成らないからです。ベストな状態に持って行って、周りの人との間もうまくやるには、それなりに気配りが必要です。

 本来ならお正月実家に帰ったときに、いろいろなものを整理する予定だったのですが、そういうときに限って想定外の事が発生して、中途半端なことで終わってしまったんですよね。この三連休は、今後何を決めるのかのリスト化と不安に思うことをノートに書き込んで、頭を整理したいと思います。

この記事を読んで、男子が踏ん切りをつけない男子がいたら、男性を独りにして考えさせることも大切ですが、悩んでいることを一つ一つノートに書きだして、ひとつひとつについて、次回会う時までにお互い思うことの考えることをまとめることをお薦めします。間違ってもその場で、結論を求めませんように。

もどかしさは、あるかもしれませんが、頼りある男性を育てる意味でも考える時間は多かれ少なかれ必要なのだと思います。この辺からが、本当の共同作業だと思います。


ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ
■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
オーネット←婚活の超大手


エン婚活 ←オンライン完結の低価格・専任コンシェルジュ・自分磨き講座!


結婚相談所Bridalチューリップ入会←Facebookで1位のいいね数を獲得

真剣な方が集う大人の婚活パーティー♪←丁寧なパートナーエージェント主催!


IBJ PARTY☆PARTY!←年収明示・急拡大中のIBJさん主催

東京・大阪・愛知・福岡向け◆
◆毎月200回以上の婚活パーティー◆
カップリング率50%♪   ◆
◆Mixi主催の youbride party♪◆


問題解決は、聡明(としあき)が重要


お義父様からのワカレロの魔法を受けた後、 冷静だった僕は我を忘れて、ふつふつと怒りが芽生え爆発寸前だった昨日。何度もお義父様に怒りをぶつける姿を想像した・・・

今日になって冷静を取り戻し始めた。なんてたって、

僕はB型、寝れば怒りをだいたい忘れられる・・・


B型でよかった~(*´Д`)
と、まぁ冷静になり始めたところで考えた。

これは、ある意味交渉事である。仕事と同じ。仕事の交渉では、相手の常識に合わせて、相手の手の上で踊ることが最悪なケース。状況を冷静に分析して、相手の常識とは決別し、相手のリズムを狂わせ、相手に一杯喰わせるのが最良だ。

まず、僕を知るという意味では、投稿してくれたnanaさんの意見は、僕にない視点をくれたと思う。親から見たら、子供を結婚前に手をつけられるのは、子供を汚された気分なのだろう。

ただ・・・せっかく、娘が気に入って、連れてきて、結婚はいつするんだ?進んでるのか?そういっていたのに、突然のワカレロの魔法・・・なんか腑に落ちない、つまり、彼氏のことを気に入ってても父子の境界線には絶対入ってくるな、そういうことか。そして・・・、僕は、以前書いた記事を思い出した。

溢れた親の愛情は憎しみと変わらない


親が娘を愛しすぎた挙句に、自己を投影しすぎて、攻撃的になっていることも少し視点を変えると考えられる・・・。これが、お義父様との境界線、お義父様なりの人間関係の一線の引き方なのだろう。ちょっと荒っぽくてついていのが容易ではないが。。。。

混雑


関係が近くなりすぎて、熱くなりすぎて、視点が近くなりすぎたけど・・・冷静になれば、これが答えだったのだろう。

”お義父様の人間関係の一線の引き方”


ではどんな方法が解決策としてベストか?

お義父様が人間関係を引き直したくなる方法が一番だろう。もっと正確に言えば、お義父様が人間関係の一線を引き直しさせる、のが僕のミッションである。ヒト、モノ、カネ・・・そして、時間というリソースを使って。

1.説得型:お義父様の耳を傾ける相手を探す
2.放置型:時間に解決してもらう
3.演技型:彼女に演技をしこむ

1は、本来であれば、彼女のお義母様が、お義父様に唯一、Noといえる存在だったので、今は選択肢として存在しない。となると、親戚を使って誘導してもらうしかないということだ。彼女に聞いてみよう・・・選択肢の一つとして。

2は、たぶん、何をしても恐らくお義父様は、ワカレロの魔法を使うだろう。とすると、時間をかけて、敢えて物事を進めないという方法はないだろうか。前は、露骨に半ギレで”あなたの選択肢を尊重したので、遅くなってるんですよ?”なんて、感情的に返すことも考えたが・・・・・敢えて、策はなく、普通に彼女と過ごして、1年経過したら前に進むということ。なんてたって、僕たちは交際して半年経過していないのだ。

3は、一枚岩で交渉していたが、違う角度から責める。たとえば、今までは申し訳なさそうに”コマネチ君が、・・・”と話したと思うけど、それを、”お父さんは、私のこと心配してくれてたんだね、ありがとう”ってお礼を言って、お義父様の堅さをとぎほぐすようにする・・・・恋愛経験が多く、役者であり、人間関係の流れを変えるセンスがあるといけるかもしれないが、これはたぶん無理だ。彼女は、お義父様の前では、蛇に睨まれた蛙だし、交渉事にはまだ慣れた精神ではない。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓結果↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

たぶん2になるだろう。人間には、3か月のバイオリズムというものがある。恋愛で言うならば、3ヵ月はラブラブ、その後3ヵ月は、喧嘩とかしてお互いの間合いを見合う、その後3ヵ月は仲直りして、その後・・・といった具合に、いいことと悪いことは交互に起きて、仲を深めて空気化していくもの・・・と勝手に僕は考えている(笑)

グラフでいえば、こんな感じか。縦線がうまくいっているとき、横線が時間。うまくいったり、うまくいかなかったりして・・・最後に時間が経過するごとに感情の起伏が減って、普通化・空気化していく。

「グラフ 収束」の画像検索結果

今は、お義父様もこんなことはいっているが、3ヵ月置きに流れは変わるはずである。なんてたって、年を重ねると、物事を大局的に大きな目で見れるようにもなるが、耳も遠くなり、頑固にもなり、待つのが嫌いになる人が多い。大切なことに対して、忍耐力がなくなってくるのだ。そこで、ある程度、決着をつけるという方法だ。

じゃー若さがあるときに忍耐力をもって、大きな視点で見れたら、多少は有利に物事は進められるはずだ。

大きな視点で見る?それは、聡明な状態でいること。聡は、耳に心を持つ、人の話をよく聞き足りないことを謙虚に生かす、明は、先を見据える、先見の明。僕には、ブログなり、両親なり、友達なりアドバイスをくれる人たちがいるので助かっている。ここで皆様に改めて、お礼を申し上げたいです。




ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ




 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
最新コメント
最安値水準・一番お得相談所!
ゼクシィ縁結びカウンター

アラフォーなら婚活パーティ!
参加費1,000円~



楽天市場
お問い合わせ
お問い合わせは こちら
メッセージ

心の声をきかせてください♪

名前
メール
本文
スポンサードリンク