あくまで男目線のアラフォー婚活

恋愛力学を分析解析して婚活から結婚までを日記形式で語ります。

アラフォーとアラフォー向けの男目線を生かす婚活女子のためのブログ

雑感

人間関係は「想像以上」に「無関心」と思うべし


皆さん、おはようございます。
筆者は、若い頃はレアな存在でしたが、ネットの友達をリアル友達に変えるということが、多かったです。

その中で今は亡き、exciteのホームページのお友達募集掲示板で仲良くなった女子がいました。
その当時、ネットで知り合う子は、綺麗な子が多かったです。
但し、みんな心の闇を抱えている子も多かったような気がします。
その結果、僕みたいな人間がスキマを埋めて仲良くなれたのです。


その中の一人の「みちよちゃん」という女子がいました。
彼女とは、ほぼ毎日メールする中で、たまに会う仲でした。
知り合って15年経って、久しぶりに「結婚する」という報告を昨年受けました。

不思議な縁です。

ちなみに彼女は、彼氏がいたことがありません。
最初実物と会ったときには、一目惚れに近いくらい綺麗でしたが、彼女は「親戚・近所の人の目」を気にして、「噂になるから交際できない」というのをよく話していました。
(私は交際を申し込んでおりません)

それから10年経って久しぶりに会った時は、「親が反対するから交際できない」と言っていました。
彼女の母親はシングルマザーで、孤独を恐れ、毒親になっていたのです。

彼女は周りに影響されやすく、
自分の人生を無駄にしているように見えました。

よく考えると、
母親への依存度が高く、
彼氏がいたことがない彼女、
友達付き合いが苦手な彼女は、
会社でも人間関係が苦手で苦労をしていました。
(中にはお昼休みにつらすぎて途中で家に帰ってそれっきりな会社もあったそうです)

当時は社会勉強中なところもあったのでしょうかね。
一緒に行動しても少し「ん?」と思うことはちょっとあったと思います。

その後、転職を繰り返しながら、33歳になって彼女は、自分と相性が合う会社をみつけたのです。そこから、少し落ち着いて婚活を始めて無事にゴールイン

入社当初は「お堅いキャラ」でしたが、愛情のある「職場のいじり」にも慣れ親しみ、人間関係も円滑になった上での結婚でした。

結婚当時は、母親からの呪縛からは折り合いをつけ、近所・親類の噂を言う人は他界という状況でした。

今思うと、彼女は、人にどういわれようと自分をもっと貫いて、社会化していたらもっと楽しい人生になったのではないかと僕は思っています。

性格もいい子でしたから。

結婚してからは僕は特に連絡は取っていません。
あれから4年ぐらい経つのだろうか。
初めての彼氏なので、ちょっと心配ですが、うまくいっていることを祈っています。




昨日、筆者は先日亡くなった担当の市役所の近くの繁華街を夜の視察にフラフラ歩いていたら、担当の上司の課長が、集団を連れて楽しそうに酔っぱらっている姿を発見。

彼を亡くした後悔は、少しも感じられない風に見えました。
※公務員は労働基準監督署の管轄下はありません。
※公務員の彼は、心臓病を抱えて、長時間残業の後、突然死

「罪悪感を感じ続けろ」と言うつもりはないですが、
もう何事もなかったようでした。

いや、むしろ自分に責任は全くないと思っていてもおかしくありません。

原則、どんな人だってそんなもんだと思います。
それぐらい人間関係って濃いようで薄いのです。
過去は過去。

僕は40近くなってよく思うのですが、
僕も含めて日本人の皆さんは周りを気にしすぎです。
仕事もやりすぎず、細かいことも気にしなくていいのです。
「だいたい」でいいと思います。
やりたいことは一生懸命やればいいのです。

幸せになるためには、嫌なことはほどほどに、楽しいことは全力で。
そう思うと「皆さんに人生をもっと楽しんでもらいたい」そう思ってやみません。 
僕も少し力を抜こうと最近思います。
30代は頑張りすぎました。

そういえば、2,3日前、ボクサーの「村田諒太」さんのジョギング姿をみかけました。
楽しむための努力なら、頑張ってもいいんでしょうね。



ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ




彼女が「結婚できない」納得してしまう理由


GWが恋しくなっている人も多いのではないでしょうか。
筆者は、実はワーカホリックなほうなので、「仕事したい」派なので、適度に仕事しているほうが楽なんですよね。妻は、休みが終わると嘆いていますが。

東京のいいところって、「機会は与えてくれる」のですが、「金は払わない」のが不思議なところです(笑)
だから働いているといつも後悔するんですよね。


さて、最近身近にいて、なかなか結婚できない30代の人たちを見かけます。
結婚はしたい!」そういいますが、はたらから見ると、「無理でしょう」そう思ってしまいます。

その共通な理由は、「ダメ男を斬らない」ことです。

ダメ男を「精神的な支え」にしているケースってあるんですよね。
身近な具体的事例:
「結婚する気はない」けど、なんとなく一緒にいる。
「結婚する予定はない」と言い切る男と不倫している。
「将来の予定は語るが行動しない男」と一緒にいる。

なんとな~~く、ダメよダメそう思うけど、なぜか居心地がいいらしく一緒にいます。僕は横で見ているとすごく心配で話こそ聞きますが、周囲のように「やめたほうがいいよ!絶対!」なんて言わない。

理由?それは至って簡単です。

このダメ男と付き合っている女子は、基本的に「やめたほうがいい」と言われることを、「そんなことない」というエネルギーに変えて、頑張ってしまうから。

責めすぎると泣くけど、軽く言われると、自分を否定されたように感じるから頑張ってしまう。

だから、否定されずに自分と向き合うような聞き上手と合うと、刺さるタイプです(めんどくさい)

本人だって「このままじゃだめ」と冷静になればわかっているです。見守るわけじゃないけですけど、言うならば、「幸せにならないと思うけど、頑張りたいならば頑張ればいいじゃない?」といってみるぐらいがいいでしょう。

それでもダメな人はダメです。
あなたは他のことに時間を使った方が身のためですよ、「10年後の自分」にそう言われるはずです。


■■■■■■■■■■
■女子なら無料登録、ゼクシィ恋結び■
■本人確認で安心!
千円からの婚活パーティ!
~~OTOCON~~

■Facebookで恋活・婚活【pairs】


■街コンアプリ♪大同窓会フェス:
日本全国で25歳&30歳の大同窓会フェス開催

■合コン街コンアプリ【 Rush (ラッシュ) 】
憧れの職業と合コンができる!ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ


「絶対成功する」婚活方法とは?


妻が横で寝ています。
起きる前に、ブログの存在がバレないように
ササッと書いちゃいましょうね。


筆者は、最近会社の女性から
「どうしたら結婚できるんでしょうか?」
なんて相談をよく受けます。

また先週は、前の会社の新年会に参加。
半分以上は、僕を直接知らないわけなのですが、すっかり有名人な僕(なぜかわかりませんが)は、また婚活アプリ信者に「婚活論」を唱えました。


そんな迷える人達にアドバイスしていることは何か?

勝てる状況で当たり前に勝つ

ということです。

婚活でつくづく思うのは、以下の3点のお約束を守れない、わかっていない人が多い気がします。

1.出会いの機会とはどういうことがあるか?
2.自分に対してどういうニーズがあるか?(好まれるか)
3.婚活の盲点を利用する

1.「出会い」に関して
「出会いの機会」これはもう当たり前ですが、箱に入っていては、誰も探しません。では、さっそく婚活の会に参加しましょう・・・しかし、うまくいきません。いい人もいるけど。。。。

でもいいです。「人と会う」という機会まで辿り着けるなら大成功だと思います。

2.「自分のニーズはあるか?」
出会いはあってもうまくいかない、いい人がいない人は、厳しい現実と向き合えるかどうかがポイントになります。

結婚相談所、婚活パーティは「どらえもん」ではありません。
人と会う回数を増やすだけの場」というのが筆者の結論です。

婚活では、勝つ状況はおおよそ以下の通りでしょう。
20代の女性 :どんな相手でもOK
30代前半女性:30代後半の男性
30代後半女性:40歳以降の男性
40代女性:年上の男性

どういう相手となら勝てるのか?(容易に成功するのか)

勝てる相手と知り合う」これが必須だと思います。
要するに、
「選んでもらう側」なのか「選ぶ側なのか」を選択するのかになります。

選んでもらう」=陳列棚に並ぶ=なかなか商品として発見してもらえない
探してもらえる」=レジャーハンターの如く探してもらう

勝つ状況であれば、懇切丁寧に接してもらえますが、選んでもらう側は、逆に気を使ったり、あれやこれやと手を尽くす必要がでてきます。

3.婚活の盲点を利用する

婚活は、よく同い年がいい、とか、お金目当てなんて、、、という人がいますが、いずれも「現実」です。

同い年=価値観が近い

お金 =実生活に大きく影響

筆者が最近思うのは、お給料のカテゴリー=価値観のカテゴリーがあると思います。それは、そういう教育を受けて育ったり、哲学が身についているからです。

金持ち喧嘩せず、は本当ですし、不動産の仕事をしている筆者は、大金持ちは、気配り上手な人が多い印象です。我が強い人もいますが、「人と決着をつけるのがうまい」です。

マンションのゴミ捨て場に行くと顕著ですが、ゴミの整理も上手ですし、体に悪いものがでてこないのもゴミの中身の特徴です。(マンションの管理人さんが分別しているとそういってました)

話はそれましたが、女性の同僚だったり、友達から同い年の若い男性を探したがっていますが、筆者は「賢い選択」とは思っていません。むしろ2番のパターンのように年上の男性のほうがいいでしょう。


理由は簡単で、若い男性との結婚は、「男性の将来性」に人生を賭けるようなものだからです。
逆に、40代に近くなると、男性の60歳ぐらいまでの未来像が容易に想像できます。

・友達が多いタイプ
・仕事で成功しているタイプ
・預貯金が得意な節約タイプ
・女友達に好かれるタイプ
・旅行好きタイプ

等々です。

50代近くなると、すでに出世のレールの先も見えて、すでに成功しているか、失敗しているかはっきりしています。経済的に豊な人と結婚すれば、楽ですし、逆に豊ではない人と結婚すれば、困窮します。だいたい、その年齢は、服装みれば、遊んでいるかどうかもわかるでしょう。

よく年上は嫌だ、という人もいますが、「人生をギャンブルにさらさない」という考え方も選択肢のひとつだということを忘れないでください。

最安値水準・一番お得な相談所!
ゼクシィ縁結びカウンター

ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ







アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
最新コメント
最安値水準・一番お得相談所!
ゼクシィ縁結びカウンター

アラフォーなら婚活パーティ!
参加費1,000円~



楽天市場
お問い合わせ
お問い合わせは こちら
メッセージ

心の声をきかせてください♪

名前
メール
本文
スポンサードリンク