あくまで男目線のアラフォー婚活

恋愛力学を分析解析して婚活から結婚までを日記形式で語ります。

アラフォーとアラフォー向けの男目線を生かす婚活女子のためのブログ

公務員 E方さん

婚活:公務員 E方さん episode 5th ~ファーストコンタクトその後~


彼女にランチでも・・・そう誘ったらすぐにOK。

婚活で重要なのは、ポンと投げたボールをすぐに返すかどうかである。

返せないということはうまくいっていない証拠。


友達交際が進んでいても、ほぼ終わりが近いと思っていい。それは、自分への興味かもしれないし、プライベートでトラブルに巻き込まれている証拠だ。 相手を待つべきか?いや、待つべきではない。進みながら待つのである。婚活は、初めから縁の連続なのだ、逃す人は逃し続ける。待っている暇なんてない。待っている間に会うはずだった運命の相手は去っている・・・。
残酷なことに、去る相手は責任をこれぽっちも持つことなく去るのだ。猿のだ!!

さて、彼女からすぐにOKの連絡がきた。

コマネチ:”なんの食事がいいですか?”

E方さん:”そーですね・・・和食がいいです!空いているのは、日曜日です”

コマネチは、和食のレストランを検索、そして彼女の家は、西東京・・・どこ食事するか + いくらぐらいいくか、を想定。まぁ昼食はコースでもたかがしれているのだ。最初だし、喜ぶ姿を見たい・・・とはいってもエンターテイメントだけではなく、彼女を試したいといういやらしい気持ちがあるのも僕だ。

検索して検索して・・・・

うー、 土曜日ならいいお店があったが、日曜は・・・ホテルのレストランしかみつからないので高い( ゚Д゚)

男性諸君に助言だ!!!

A:ホテルのランチ

B:場所がよくないお店のランチ 

どちらがコスパが悪いか。それは当然A。しかも品質も当然低いのもAなのだ。
なぜかというと、ホテルに入居= ホテルに高い家賃を払う のため、 材料からなにから下げざろうえないのだ。だから、ちょっと駅から離れているけど、内装が小奇麗なお店をお薦めしたい。

内装のセンスがいいところで、まずい店はない。 色々な細かいところに目が行き届いているからこその美しさ。

人間は感覚の生き物なので、食事も美意識もほぼ等しいところに存在するのだ。

見映えをとるならば、高い店はいくらでもある。盛り上がるだろう、でも、本来のサービスの価値は、あまりないことだけわかってもらいたい。

さて、余談は、さておき、結局ホテル飯として、彼女と翌週の日曜日に会うことに。
反応が早くてとてもいい感じだ。

お金は高くつくけど、彼女の反応を見たい。
ホテル飯だから喜ぶって?いやいや、喜ぶに越したことはないけど、喜ぶのはどうでもいいのだ。
綺麗な夜景だから喜ぶ?そんなのは、デートで婚活ではないのだ。


つづく

DSC_0218


   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

婚活:公務員 E方さん episode 6th ~そうだ、ランチにいこう!~


交際(友達関係)がスタートした翌週、和食レストランを予約。

僕は超遅刻魔なので、初デートでこけないように、早めにきて念入りに場所を探す・・・・この日は、京王プラザホテルの和食ランチ。あれれれ?京王プラザホテルは何度も来てるのに、店がみつからない(涙)



待ち合わせ時間になっても店がみつからず、結局、ダッシュで待ち合わせ場所で彼女をピックアップ!

コマネチ:”ご、ごめんなさい!僕遅刻魔なので、早めに来て店探してたんだけどみつからなかったので、探してました~ごめんなさい~~~”

なんども謝る自分が痛ましい・・・(*´Д`)

謝る僕をよそに彼女はケラケラ笑って許してくれている。

コマネチ:”たぶん、1Fって書いてあるので、ELVでいったほうが早いかもしれません!!”

そして二人でELVで降りて1Fにつくと、だだっ広い駐車場だった・・・・( ゚Д゚)

や、やってしまった、グダグダだ(;´・ω・)

 仕方ないので、もう一度ラウンジのあるエリアに戻り、海外のお客さんに対応している店員さんに聞くと・・・そう、この店、直営ではなかったので、外からはいるのみの入り口だったのだ。 

なんて店だ!!!どっか書いておけよ!とツッコミたい気持ちを我慢するが、彼女の顔を見ると、ニコニコして僕のあたふたぶりを楽しんでいるのだった。

彼女がハプニングを楽しんでいるところを見ると、僕たちうまくいっているんだな、と失敗しているくせにお調子者の僕がいる。

そしてお店に無事到着。

彼女は体育会系なだけあってお酒に強いと聞いていたので、早々に日本酒を頼んで、コース料理は始まったのだった。


restaurant




   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

婚活:公務員E方さん episode7th ~婚活女子 = 恋愛ビギナー~


京王プラザホテルの和食のお店で、昼から日本酒グビグビで楽しむ。
会話が盛り上がっている・・・

ただ、男女の皆さんに僕は言いたい。
婚活をしている男女は・・・、

ほぼみんな恋愛ビギナーだ

これは、僕が今まであった女の子ほぼ全員だ。
僕の彼女ですら、恋愛ビギナーである。

逆に言うと、愛情を注ぐためにイニシアチブを譲ってもいいけど、ビギナーである故に、ハンドルできずに、振り回して壊してしまうケースが多いように思う。僕は、婚活で自分ハンドル型の恋愛がスタンダードだったけど、婚活女子に合わせるように努力していた。

E方さんは、普通に社会化されていた。
お酒を飲んで、ハイテンションになって盛り上がる。
普通に仕事して、会社の飲み会に参加して・・・

 そりゃそうだ、30超えているのだ、働いて10年。
(彼女は旧帝大を卒業しているインテリなこともわかった)
でも女子としての友達は多いが、話を聞いても男友達っぽい話は皆無。兄弟も姉妹。 

普通に見えているが、大学の部活も女子オンリー、家族も女子オンリー完全女子社会で生きる彼女。男性に対して潔癖症を発揮してくる可能性がある。 
 
それがよくわかってきた。




   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

 
アクセスカウンター

スポンサードリンク
最新コメント
最安値水準・一番お得相談所!
ゼクシィ縁結びカウンター

アラフォーなら婚活パーティ!
参加費1,000円~



楽天市場
お問い合わせ
お問い合わせは こちら
メッセージ

心の声をきかせてください♪

名前
メール
本文
スポンサードリンク