あくまで男目線のアラフォー婚活

恋愛力学を分析解析して婚活から結婚までを日記形式で語ります。

アラフォーとアラフォー向けの男目線を生かす婚活女子のためのブログ

結婚後

弟から「婚活中」の「姉」へのアドバイス


外貨預金をおススメしたお話を書きましたが、メッセージを頂きました。
個人的には、しばらく円で預金をしておいて、1ドル85円ぐらいになったら、ドルへ買いをおススメしています。(80円ぐらいが理想ですが)

そうすれば、しばらく後に1ドル110円にな ったときに、円に変換すれば、30%ぐらい差益で稼げると思ってます。100万円だったら、あずけてくだけで、130万円になるわけで、ゼロ金利よりずっといいでしょう。

お金持ちがやっている方法でもあり、
リスクも低めなんじゃないかと思います。

皆さんがチョコチョコ貯蓄している間に20年ぐらいで、2~3回は増やせるタイミングはあると思います。

100万円 x (1.3倍)の3乗= 219万円になるのかな?

ここ1週間でドルが暴落し始めましたね。
タイミングを見計らいましょう。



さて、今日は家族で居酒屋へお食事会に行きました。
前述のとおり、うちの弟と姉の関係は非常に難しく、失言は気性が激しい姉の怒りを買うことがあります。家族の食事会という冷静な場で、改めて「流れで」弟心を発揮してみました。


さて、アドバイスです。

【1】お金は積極的に出せ

以前も書いたのですが、お金に汚い女性を男性はよく見ています。
だいたいお金を出すときの女性の反応は4パターン。

(1)お金を普通に出すタイプ
(2)申し訳なさそうにして、少し出すタイプ
(3)お財布を見せて、しまうタイプ
(4)全く出す気がないタイプ

(3)と(4)は、遊び慣れしている女子が多いです。また、間合いが掴めなくて出さない女子もおります。
いずれにせよ、回数をこなしてご飯を食べれば、(3)もフェイントなことがわかりますし、(3)と(4)は、結婚後、金に汚くて苦労するタイプとみなせるので、例え美人でも「結婚相手」から「遊び相手」にカテゴリーが変わります。

間合いが掴めない女子の場合は、たまにいるのですが、コンビニで出すとか、次のデートでクッキーをもっていくなり、お土産をもっていくなり、「行動しようとした心意気を見せる」ことをおススメします。

この辺で、収入の格差は男女あるかもしれませんが、結婚に対する意識の有無がわかるポイントです。

ちなみに筆者の妻は、「1」です。会計を勝手に済ませてくれている持ち主でした。筆者は女友達が多いですが「1」は結構レアな存在、婚活でそこまで出来たのは、女医のAさんと妻だけでしたね。

2人の心意気に惚れました。
僕はこの2人なら「人生を任せていい存在」と無意識に思ったことは確かです。


【2】休戦の方法を「あらかじめ」考えておく

恋愛であれば、嫌なら、さっさと別れればいいですが、結婚となると、簡単に別れられなくなりますし、様々なしがらみができます。

筆者の周りでは、結婚を「楽園」として見ている女性が多いですが、男性は「束縛」とか「修行」という視点で見る人は多いと思います。恐らく、女性としては、「人生のゴールの1つ」?、男性としては、「家族を支える」という責任を意味するからなのでしょう。

認識の違いがあることは、覚えておいてほしいところです。

お互いの理解のためには、うまくいく関係もやっぱり「摩擦」は避けられません。
当然です、だって、2人の意見があって、どちらかが譲るわけなのですから。この道理をわからないで、自分で「グイグイいく」か、「無関心」になると、簡単に離婚に至ります。結構簡単です。

筆者は、妻が都内の実家のため、喧嘩で意味不明なことを言われた時は、「はぁ?だったら、実家帰れば?」って言いたくなったことは、3~4度はあります。「言ったら、修復が難しい傷がはいる」という直感からグッと我慢してますが。

冷静になれば、彼女が実家に帰った場合・・・

相手の親御さんがどうしたか妻に聞く
 or
結婚が相当辛いと受け止める

⇒離婚を薦める
といったことになりかねないからです。

さて話は戻りますが、今までは週1回のデートで、お互いの嫌なところも見えなかったのですが、毎日一緒に居れば、嫌なこともたくさんでてきますし、喧嘩もします。

姉は彼氏と「家が近い」、かつ、「性格も激しい」ので、嫌になったら、さっさと家に帰ればいいし、「そもそも最初は、週末は実家に帰ってきたらどうか?」と言いました。そのほうが少しずつ慣れさせることができるからです。

それぐらい2つの文化が融合するのは大変なのです。
男性が慎重になるのは、その「厳しさを感じている」からです。

※慎重すぎて石橋を叩き壊す人が続出しますが・・・


【3】周りを気にしない

お隣さんはこうなのに!」は、男性にとって結構「しんどい」です。
半分、「結婚失敗したかも?」と思います。

この手の話を聞く度に。


うちの妻は、新婚旅行がシンガポールであることに結構難色を示しました。僕もわかっていましたが、いかんせん「金がなかった」というのが本音です。

今でこそ筆者が華やかな場合もありますが、
筆者は35歳ぐらいまで、
結構な金額を自己投資しています。
貯蓄の概念も緩かったのもありますけどね。

男性は、結婚前は、魅力的になるために散財し、結婚してから金を貯めるというのが、筆者の独自の意見です。


そもそも財布の紐をきつくしてたら、ご馳走癖はつきません。
非モテといわれる男性が、お金に厳しいのは、貯蓄しているからだと思いますので、当然です。しかし、女性は、エスコートがうまさにこだわる人は多数です。

貯蓄は多い方がいいけど、エスコート上手がいい、という「矛盾」を理解できる女性は少数ですよね。筆者は今振り返れば、よく結婚できたと思います。
いや、貯蓄額は隠していたか(笑)


話を戻します。

シンガポールへの新婚旅行に関しては、妻が、冗談めかしながら、緩く批判をして、僕に激怒されたこともあります。僕も珍しく興奮して、「だったら新婚旅行なんてやめればいいんだ!」ぐらいにいった覚えがあります。彼女は泣きじゃくっていましたが。


僕はカジュアルで質素な結婚を望んでいたのですが、
彼女の理想的な結婚ライフが大きな差でした。

※妻は両親への挨拶前は質素型でしたが、
 挨拶後、突然方向転換したのです。

妻の職場の同僚には、式は挙げないけど、新婚旅行では奮発した子がいます。うちの妻は、同時期の結婚でしたが、式もいい値段で挙げ、新婚旅行もガッツリとしようとしたんですね。

今の時代は、裕福ではありませんし、彼女が重視する「思い出作り」より、男性から見れば、「形が残るものにお金を使いたい」という気持ちが強いので、マイホームの頭金、引っ越しのための家具購入代のほうが現実的です。

途中から引け目を感じて、2度目の新婚旅行?として、ベタにハワイに行きました。新婚旅行と比べて、かなり安めにいけましたけどね。今思うと、金銭感覚がマヒしていたと思います、でも彼女へのエンターテイメントも家族サービスの一環なんですよね、、、男性にとって。

ま、姉は「超」質素型で、鼻息が白いぐらいの室温の部屋でもストーブすらつけない「仙人」か「修行僧」と僕によばれるぐらいなので、この辺は心配してません(笑)


さて、以上が「筆者の結婚生活」と「姉へのアドバイス」です。


僕たちの夫婦仲は?というと、僕は、まぁ日常のルーティーンワークで落ち着いたものですが、実家にいる間、妻から、「はらぺこロス!」というLineを何度ももらってます。

「はらぺこ」たる「筆者」は、昔から「冷めた性格」なので、ロスとか感じないんですよね。
「たった5日間だし?」とか思うのですが、妻には「5日間も」なんですよね。

妻が一緒に帰省していたら、アウェイな妻を気遣って年老いた両親の問題点が見えないので、意図的においてきました。姉の恋愛が進展し、メンタルが落ち着いた家は平穏そのもので、実家のペットも言葉をかなり覚えて、みんな仲良くしていて、よかったです。

次は、「子供ができたら東京ね」なんて自然に話せる関係です。
ここまで来るまでにどれぐらいかかったか、15年ぐらいかなぁ

ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ




「筆者の言い訳」、筆者の「結婚論」


前回の記事が冷たく見えたみたいですね。
言い訳をさせてもらいたいと思います。

僕の先週末のスケジュールは以下の通りです。

その前:プレゼント交換
土曜日:夕方まで会社で仕事後、イルミネーションツアーで都内数カ所を回る
日曜日:一人暮らしの義父様へ、彼女の手作り料理をお届けドライブ
月曜日:風邪でおなか壊してるけど、シャレオツなレストランを手配して食事

一応~やることやっているつもりなんですよね。

そして、彼女には「僕はベッタリが好きじゃない」ことを伝えています。

夫婦の時間は大切ですが、「死を別つまでの約束」は「あくまで心意気」ですので、僕は「お互いを自立させたい」ので、それなりに自分たちの成長のために勉強時間も必ずとるようにしてます。


ちなみに、最近プログラムを勉強してこんなサイトを作ってます。

http://jpmarket.net

とある賃貸サイトから情報を取得し、日本の主要エリアの賃料比較、礼金、敷金比較をしているサイトですね。
今は手動でいくつかのプロセスをしているんですが、そのうち全部自動にして、毎週データをアップデートし、月次でレポート作成をするように機能アップさせていくつもりです。


早く子供つくって、僕から離れられるようにしないとね」と依存度があまりに高いので奥さんには言うのですが、彼女も負けじと、「私は子供がいても、旦那さん優先だから!」と言い返されます。

おのろけに聞こえるかもしれませんが、
それぐらい「ガッツがある妻」のほうが僕の「妻」には向いてます。

率直に、僕たち夫婦が体裁を保てるのは、妻のおかげです。
僕はダメ人間ですし、ダメ人間でいいと思うんですよね。
背伸びしないのが僕たちの関係です。

ただ、奥さんが一番であること。

妻への感謝からの「家庭奉仕」と「緊張感」を持ち続けて「気配り」することが、僕の家庭での「仕事」であり、「立ち位置」と考えています。

・彼女を喜ばせるイベントは考えているか?
・彼女を喜ばせるためのプレゼントはなににしようか?
・彼女のお父様、姉妹の心と体の健康は保っているのか?
・彼女が、今、または、将来に必要とすることは何か?
etc....

緊張感を失って、甘えるのが僕が一番自分に対して恐れていることでしょうかね。

変な話、仮に他の女性と肉体関係を結んでも、奥さんファーストなので、「スポーツ」です。
道端でバドミントンやらフットサルに加わるのと一緒です。
(最近は興味すらほぼなくなってきてますが)

緊張感を失ったら、いつか僕たちの関係は終わるでしょう。

彼女も甘えモードの時は、マッタリしてますが、元々「厳しい」性格の持ち主なので、斬るときはバッサリです。だから僕もいつかバッサリでしょうね。

僕らの関係がいつか終わることは、仕方がないことです。

結婚式で、教会?または、どこかで誰かをアルバイトの神父さんをつけて、約束しても守られる時代ではありません。

繰り返しになりますが、あくまで「心意気

今は浮気だの不倫だの騒いでますが、他人のことなので、知ったことじゃないのです。
結婚して死ぬまで我慢する時代は終わり、自由恋愛になってきています。
いわゆる、フランス流なんですかね?

そのうち結婚よりパートナー制度を選ぶ人も増えるでしょう。

だから、結婚相手も慎重になりすぎて、未来予想図で必死こく必要はありません。
慎重になりすぎては、誰からも相手にされません。
どんな形でもいいから前に進みましょう。

失敗したら、「トイレと一緒」、拭いて水に流せばいいのです。
次へいって、後悔しない関係、お互いにプラスであればいいのです。

なぜなら、悩んでいる間も、時代は誰かを待たず進んでいるからです。



ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



「勘違いする男」と「寡黙な女」のすれ違い


こんにちは。

私は、最近奥さんの「目を盗んで?」会社の女子と忘年会で盛り上がったり、昔仲良かった子とウッカリお茶ぐらいするのですが、僕の元々軽い口が動き始め、この「ブログ」の存在を語ってしまったことです。

僕のブログを是非見たいという知人は非常に多いので、「閉鎖した」ことになっています。
見たら見たで人間性が疑われそうなので、絶対に明かしません。

しかし、、、最近こんなメールを知人の女子からもらいました。

私は何が書いてあっても受け止める覚悟があるから大丈夫だよ

なんて返せばいいんでしょうね。
っていうか、閉鎖したって言ってるんだけどな(T_T;)


さて、本題です。

クリスマスイベントっていうと、男子は何を考えると「恋人への奉仕」だったりします。交際していれば、彼女を楽しませなければいけない、という義務感とでもいいましょうか。

「おいしい料理」に、「高価なプレゼント」とお札が鳥のように羽ばたいていきます。

逆に結婚したとなると、未婚の人たちが楽しむイベントとして、ほほえましく傍観するのが我ら「男性既婚者の視点」です。

今日は、妻とクリスマスだし、子供もいないし、それなりに形だけでも、、、とは言っていたものの、プレゼントはすでにお互い実用的だから使ってるし、ケーキ、、、と思ったけど、僕が朝は体調がよくなかったので、外にでないことにしていました。


しかし!!!!


夕方になると妻の元気がなくなり、なんかメンタル的に不安定になってきています。

あ~体調不良だから、家事任せきりだったからかなーなんて思い、様々な掃除をし続ける僕。

しかし、奥様の機嫌は直らない。。。

そこで、仕方なく改めて問いただす。

ねぇ、僕悪いことしたかな?そしたらごめんね。機嫌悪くさせたかな?

なかなか口を割らない彼女に問いただす、僕。

妻:「クリスマスなのに、何もそれらしいことしないから残念で仕方ないの

残念で仕方ないの・・・・

残念で仕方ないの・・・

残念で仕方ないの・・

残念で仕方ないの・

・・・・

僕:「は?」


一瞬耳を疑ったが、「結婚しても男子は気を抜いてはいけない」らしい。

プレゼント交換だけじゃだめらしいよ、聞いてる?ねぇ?

聞くと、彼女は今までクリスマスは、一人で過ごすのが恥ずかしいので、家族と過ごしてきた彼女。

僕なんて、クリスマスに相手がいないし、いたとしても30過ぎてくると面倒だから、ジムに加入デビューしたくらいなのにな。
シングルベルのほうが白髪増えなくていいのにな、とか思うんだけど。

彼女曰く、会社の同僚に何してたか聞かれて、「居酒屋にいた」とも言いたくないらしいので、急遽7時からややシャレオツなレストランを探索し、行くことに。
(どうせバレないんだし、適当に嘘ついときゃいいじゃねーかー、とか思ったり。)

筆者から言うと、彼女病気で食事療法中のため、食事制限をしており、食べられるのが限られているから外にいかないものだと思っていたが、、、、この日だけは除外らしい。

っていうか、それ早くいってよ~

といいたいところだけど、幹事役になる男性の気持ちなんてあんまりわかってもらえるもんじゃないから仕方ないんだよね。

むしろ、

言ったつもりだから

と返されておしまい。

いやいや、あなたがいったのは、食事制限を除外して「ケーキぐらいは食べたい」であって、普段肉とか小麦も全部だめっていうから、そんな洋食系の店はそうそうないので「むしろ遠慮してたの俺のほうなんだけど、、」と返したいが我慢する僕。

この議論は結論が見えなさそうなので、途中であきらめる。
早く子供作って、Distruct(注意をそらす)さないといけないな

なんて思う今日この頃。

食後、今日は幸せだったわ!そういいながら、
感動しやすい彼女は涙を流す。

そんな彼女を横目に、
次の排卵日はいつだろうか?
そう思う僕。


ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ






 
アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
最新コメント
最安値水準・一番お得相談所!
ゼクシィ縁結びカウンター

アラフォーなら婚活パーティ!
参加費1,000円~



楽天市場
お問い合わせ
お問い合わせは こちら
メッセージ

心の声をきかせてください♪

名前
メール
本文
スポンサードリンク