あくまで男目線のアラフォー婚活

恋愛力学を分析解析して婚活から結婚までを日記形式で語ります。

アラフォーとアラフォー向けの男目線を生かす婚活女子のためのブログ

結婚後

「レスから脱却」と「子作り」のへ道


皆さん、こんにちは。

昨日、子作り宣言をしてから、、、
家族の時間ということで、昨日は、
新宿にお互いのクリスマスプレゼントを買いに行きました。

僕は、北国出身なのでメッチャいつも薄着なのですが、マフラーをもらいました。僕のイメージ高くて1万円、安物で5000円と思いましたが、さらに高いんですね、マフラーって!(-_-;)

申し訳なかったけど、まともな店いくと、高いのしかなくて、彼女が買ってくれました。。。。

大切にします。


僕が彼女に買ったのは、彼女が寒がりなのに、お外で散歩するときは、スニーカーをはいてたので、女子がよくはくカジュアルブーツとしました。しかし、値段が安いと申し訳ないと思いましたが、カジュアルブーツにリボン付きだと、値段もそうそうでした(笑)


ヴェリココ(velikoko)の[ラクチンきれいブーツ]晴雨兼用ベルト付きファーブーツ(3.0cmヒール)。・ベルトは取り外し可能な2wayタイプ・シーンに合わせて折り返しもできるファー入りブーツ・晴雨兼用仕様なので急な雨でも安心です※すきまから水が入るのを防ぐテープや、素材の裏に水がしみないシートを入れています※完全防水ではありません★撥水力の高いテフロン加工が施されたスエード生地を使用[型番:TJ8F30L03-10291]
(イメージこんなの)


さて、、、夜になり、僕たちは、肉体関係を持とうとするのですが、「気まずさ」半端ない(笑)

どれぐらいしてないんだっけー?から始まって、、、数えたら、7か月。
ハワイ旅行以来なわけで。

恥ずかしいので、天井を見ながら、男子トークの暴露に花が咲く。
30分以上は雑談で話し込んだ。

友達A君は、もうレスだとか。

友達B君は、子供ができて、奥さんから相手にされていない。

友達C君は、関係を定期的に持たないと奥様の機嫌が悪くなるので、精力増強剤(青森の黒ニンニク)で自分を奮い立たせてるとかとか。

その後、そういう雰囲気にして、なんとなく関係を持ったのですが、やっぱり「ぎこちなさ100%」でした。

でもとりえあず、レスかどうかより、「彼女の子供がほしい!」と思います。そして、子供のためだけじゃなくて、夫婦関係が良好なように今度は定期的に関係を持つようにしないとね。

なかなか抵抗感はあるかもしれないけど、それが夫婦円満なためなら。



ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ





結婚後に「レス」は訪れるのか?


皆さん、こんにちは。

結婚生活が長続きしない等コメントを頂くこともありますが、無事に喧嘩もなく、仲良くしております。

強いて言うなら、題名の通り「レス」の問題が大きいでしょう。
たまにブログでも言ってますが、僕は奥さんと関係をもっていません。
もう半年以上ですよね。

当初は、奥さんに対して不満でした。
奥さんが元々、「欲求が低い」のです。
そして、彼女が生活スタイルを変えない為、
そういう時間帯が合わないという結論になります。


最初はそうだったのです。


しかし、今ではだいぶ事情が変わりました

僕が奥さんに「関係を求めること」の罪悪感を覚えるのです。
罪悪感というか、変な感じです。
具体的には、「母親・姉」とのカテゴリーに奥さんがいるのです。
そう、常に一緒にいて、家族で大切に扱う存在です。

・安心できる存在
・日常世話をしてくれる人で、感謝している存在
・男性の攻撃的な部分を見せるより、安心させる存在

なのです。

だから、ちょっとズルいことをして、お持ち帰りする気持ちなんかを持ちにくいのです。

男性の欲求」⇒
狩猟本能」⇒
攻撃的な部分とリンク
って思うんですよね。

それがなくなると、安定した生活を持ちたくなるんですよね。だから、女性の欲求が強くないと、こんな感じのつながりになるんだなって思います。

たぶん彼女は求めれば、問題ないのですが、何か月かしないうちに、言いにくくなったのです。


仲良くなった人に男女問わず、僕はレスです。

なんて僕の話しをすると、男性の多くは共感を示します

家族となった女性には、女性に攻撃的な気持ちは持ちたいと思えないし、女性の野獣的な部分もみたいわけではないのです。

だって、大切にしている家族ですから

関係を持ち続けている人も、どちらかというと、奥さんの性欲に付き合っている感じです。男性って、やっぱり、次々と新しい女性と関係を持つ本能がでるんですよね。他の領土を征服する征服者みたいな感じで。

それを抑えるのかどうかで、仮に関係をもったとしても、
やっぱり奥さんが一番大切」なんですよね。


昔と比べ、肉食男子は、絶滅危惧種になりつつあると思います。
それがいいかどうかは、わかりませんが、全体的にそうなんだろうなって思います。

我慢できない人は、さらっと不倫して、奥様優先に戻っているようですが。


僕はこれから、奥さんと子供を作ろうという話がでています。
彼女は計画的に、排卵日を調べてくれています。

いい奥さんなんですよ、ホント。

この先はもっと関係を持たなくなると思いますが。



ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ




彼女の留学後に改めて思う「後悔」


皆様、こんにちは。

フィリピン留学から無事に妻帰国しました。
いやー、彼女が留学中はフラフラしてましたが、、、内心は、冷静になれば、不安が頭をよぎって仕方なかったです。


最初、妻が「(短期)留学に行きたい」そう僕に告げたときは、全力で応援したかったけど、「フィリピン」と聞いて、多少なり戸惑いがあったものの、深く考えずに応援しました。

もちろん、留学先が金額の問題ならシンガポールにいけばいいし、お金次第ではないなら、欧米に行けばいいと。特にカナダであれば安全ですから。

彼女が選んだのは、授業内容。

潔癖症の彼女にとって、大きなモチベーションは、意外なところで生まれたのです。

彼女曰く、日本人村みたいなところがあり、隔離されたエリアで「安心」とのことでした。

しかし、、、セブ島でフィリピンで日本人が頭に銃撃を受けて殺されるニュースがあったり、昔の駐在の人があった事件を聞くと、「空港ですら危険な場所」で、僕は素直に応援できなくなり、ぎりぎりになって、彼女の留学を後悔しました。(僕が嫌がっていることを彼女が気が付けば、彼女は自分のすることに反対されていると、かなり落ち込むので、そういう素振りは容易に悟られない努力はしましたが。)

彼女は別れ際に、たった2週間の間でも寂しがりましたが、僕から見ると、「次、会う時は最悪、冷たい遺体であるかもしれない」そう思うと、後で、「口うるさくいう方が彼女のためだったのではないか?」と思うのです。

もうまさに「過保護な親心」です。

そんな心配をよそに彼女は、滞在しているエリアは、日本と変わらず、地味な恰好の私が恥ずかしくなるほど、日本人の女性がいっぱいいてオシャレ、だから「非常に安全なところ」ということでした。
 
筆者から見れば、若い日本人は、海外の危険性がわかっていないだけです。

ビジネスでもそうですが、海外の人と仕事をすると、華やかさだけ見えると思います。

実際は、海外の人と仕事をすれば、「人の良い、物事をはっきり言えない日本人はカモの対象」で、裏切られるのは当たり前で、気を付けていても、文化の違い、電話・メールの偏ったコミュニケーションツールでは、険悪にすらなります。

そのため、出張に来た際には、できるだけ気を使い、飲みにケーションをして、「お互いを知る」ことを心がけます。

要するに、気を付けていても簡単に険悪になるので、良好なコミュニケーションを心がけるのです。


そんなことで、筆者は、フィリピン人に住み慣れた日本人を演出してもらうために、眼鏡禁止(裸眼のフリ)、靴はビーチサンダル、服は疲れ切った服、時計はコンビニの1000円時計、強盗に会ったとき用の財布、、等々、海外の事故アイテムを準備させました。
(アクセサリーは一切禁止!)


僕の心配は、彼女が日本人村から空港まで送迎があったとしても、空港も危ないので心配は、飛行機に乗るまで。


なかなか心配しました。


無事に彼女が帰ってきて、京成上野駅で彼女を発見した時は、「心臓の鼓動が少しおかしくなるぐらい」安心しました。


その後、夕方に少し涼しくなったこともあり、冬用のふとんをクリーニング屋さんにレンタカーで取りに行くのですが、、、

筆者:「17:30に車借りて迎えにいくから、17:40には到着するから電話するから、電話に気を付けてね」

妻:「うん、わかったー」

その言いましたが、17:40に家の前について何度電話しても出ない、、、、

しびれをきらして、イライラして家に向かって扉を開けて、「何度もかけてるのに、なんで電話に出ないの?」というと、「あ!バイブにしてて気が付かなかった!」という始末。

バイブにしててもいい、時間が来たら連絡がきてないか、確認できたろうに、、、。

この「慎重」と「緊張」の無さは大丈夫か?、と。

彼女がフィリピンで無事だったのは、本人が気が付かないところで「運」という作用も大きかったに違いないと、今更ながら思うわけです。

もう彼女を危険地域で1人で歩かせることは恐らくないでしょう。
僕の決心は、揺らぐことはありません。



ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ

アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
最新コメント
最安値水準・一番お得相談所!
ゼクシィ縁結びカウンター

アラフォーなら婚活パーティ!
参加費1,000円~



楽天市場
お問い合わせ
お問い合わせは こちら
メッセージ

心の声をきかせてください♪

名前
メール
本文
スポンサードリンク