あくまで男目線のアラフォー婚活

恋愛力学を分析解析して婚活から結婚までを日記形式で語ります。

アラフォーとアラフォー向けの男目線を生かす婚活女子のためのブログ

結婚後

子作り Vs. 夫婦の「性欲」


皆さん、こんにちは。
最近、アクセスが減ってきてちょっと寂しいこの頃です。
更新してないから、仕方ないですよね(T_T;)

さて、今日のtopicです。

男子トークになると、結婚後は「奥さんと関係を持たない」いわゆる「レス」があるあるです。

しかし、レスではない夫婦は、割と、奥さんから旦那様に求めるケースが多い気がします。旦那のほうもまんざらではない、、というより、「奥さんが少しでも幸せを感じてくれれば」と家庭円満を重視するケースが多いと思います。

筆者は、周知のとおり、結婚当初より「レス」です。

レスの理由は以下の通りです。
1.性欲の減退
  仕事が忙しくて、運動をしなくなったので、ジムにいけてない ⇒肉体が活性化しないせいか、時間はあっても、奥さんとは仲良くても、野性的な部分がなくなってしまった。

2.奥さんを優しくするよう心掛ける
  肉体関係は「男性の攻撃的な部分」が出ているので、「奥さんを大切に扱う」ことを試みると、攻撃的な部分が出しにくくなるのです。

3.妻は肉体関係に積極的ではない
  御義父様が超亭主関白だったこと、かつ、決められない妻は、保守的です。そのため、人に決めてもらうことを好みます。そして、「求められない」⇒「関係を持たない」が当然になってしまったのが今の関係です。

上記より、サッパリな関係になったわけです。

しかし、、、妻も35を過ぎ高齢出産、筆者も40に近づき、そして何より、お互いの両親の年齢が70手前までくれば、孫を見せる義務感を生まれるので、無理して頑張ろうと思ったのです。


よく男友達からは、「子作り」のための肉体関係は、苦痛だった、という話を聞きます。なぜなら、それは「愛情」「欲望」の欲求より、「作業的」になるからです。


筆者は、久しぶりの関係だったので、かなりぎこちなかったのですが、、、なんとか関係終了。妻も喜んでくれたのもありますが、一般的な男子が嫌う「作業」という感じより、僕らに残ったのは「新鮮さ」だった気がします。

全く普段しない人が、義務感とは言え、一歩踏み切れるキッカケになった感じでしょうか。

これならたまには、「いいかも」と思いました。
レスというとずっとしないものですが、この機会に新しい関係を妻と築ければと思う今日この頃です。


 ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ


そろそろ「結婚3年目」


皆さん、こんにちは。

新しい会社にはいって、そろそろ1年です。
大きい会社ではないというのもありますが、結婚状況がわかる今日この頃です。

離婚した人、 結婚した人、再婚した人、破談した人、、、
人生は様々だなと最近思います。

日本人の人たちを見ていて思うことは、
「恋愛を面倒だと思う」人が多い気がします。

一度失敗しているかもしれませんが、
恋愛って、「生きている」って感じがすると思うんですけどね


僕たち夫婦の関係も知り合って3年です。

結婚してそろそろ2年。

今思えば、出会って2度目のデートで、
結婚宣言した僕は、やりすぎだったんじゃないだろうか?
と思うことはたまにあります。


しかし、人間の直感ほど正しいことはないと思います。
彼女以上に僕に合う女性はいません。

当初、厳しい感じの彼女の印象でしたが、
結婚して一緒に住んで分かったのは、
意外とドジで面白い人」だったと思います。
天然さんが結婚前は嫌いでしたが、今は半ばあきらめています。
普段僕のために頑張ってくれてるのですから、
感謝があれば、受け入れも辛くありません。


こんな旦那は嫌と言われるかもしれませんが、
奥さんにネタ的に、
「お尻フリフリしてみて」
っていうとしっかりやってくれます(笑)

こういう旦那を見たら、はたからみたら最悪かもしれませんよね

また、僕も彼女がお風呂から帰ってくるときには、
洗濯後のストッキングをかぶって強盗の真似をして
「金を出せ!」
といって、彼女を笑わせたりします。

それぐらいのお茶目さがあったほうが、人生楽しんでいけるんですと言えます。


久しぶりに先週の金曜日は大ゲンカして、
そのままひきずって土曜日は話し合いで大泣きさせましたが。
それも慣れたもんなのです、深い関係が2年も経てば。

そして日曜日には、仲良く買い物です。
そう、2年も経てばね。


ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ



弟から「婚活中」の「姉」へのアドバイス


外貨預金をおススメしたお話を書きましたが、メッセージを頂きました。
個人的には、しばらく円で預金をしておいて、1ドル85円ぐらいになったら、ドルへ買いをおススメしています。(80円ぐらいが理想ですが)

そうすれば、しばらく後に1ドル110円にな ったときに、円に変換すれば、30%ぐらい差益で稼げると思ってます。100万円だったら、あずけてくだけで、130万円になるわけで、ゼロ金利よりずっといいでしょう。

お金持ちがやっている方法でもあり、
リスクも低めなんじゃないかと思います。

皆さんがチョコチョコ貯蓄している間に20年ぐらいで、2~3回は増やせるタイミングはあると思います。

100万円 x (1.3倍)の3乗= 219万円になるのかな?

ここ1週間でドルが暴落し始めましたね。
タイミングを見計らいましょう。



さて、今日は家族で居酒屋へお食事会に行きました。
前述のとおり、うちの弟と姉の関係は非常に難しく、失言は気性が激しい姉の怒りを買うことがあります。家族の食事会という冷静な場で、改めて「流れで」弟心を発揮してみました。


さて、アドバイスです。

【1】お金は積極的に出せ

以前も書いたのですが、お金に汚い女性を男性はよく見ています。
だいたいお金を出すときの女性の反応は4パターン。

(1)お金を普通に出すタイプ
(2)申し訳なさそうにして、少し出すタイプ
(3)お財布を見せて、しまうタイプ
(4)全く出す気がないタイプ

(3)と(4)は、遊び慣れしている女子が多いです。また、間合いが掴めなくて出さない女子もおります。
いずれにせよ、回数をこなしてご飯を食べれば、(3)もフェイントなことがわかりますし、(3)と(4)は、結婚後、金に汚くて苦労するタイプとみなせるので、例え美人でも「結婚相手」から「遊び相手」にカテゴリーが変わります。

間合いが掴めない女子の場合は、たまにいるのですが、コンビニで出すとか、次のデートでクッキーをもっていくなり、お土産をもっていくなり、「行動しようとした心意気を見せる」ことをおススメします。

この辺で、収入の格差は男女あるかもしれませんが、結婚に対する意識の有無がわかるポイントです。

ちなみに筆者の妻は、「1」です。会計を勝手に済ませてくれている持ち主でした。筆者は女友達が多いですが「1」は結構レアな存在、婚活でそこまで出来たのは、女医のAさんと妻だけでしたね。

2人の心意気に惚れました。
僕はこの2人なら「人生を任せていい存在」と無意識に思ったことは確かです。


【2】休戦の方法を「あらかじめ」考えておく

恋愛であれば、嫌なら、さっさと別れればいいですが、結婚となると、簡単に別れられなくなりますし、様々なしがらみができます。

筆者の周りでは、結婚を「楽園」として見ている女性が多いですが、男性は「束縛」とか「修行」という視点で見る人は多いと思います。恐らく、女性としては、「人生のゴールの1つ」?、男性としては、「家族を支える」という責任を意味するからなのでしょう。

認識の違いがあることは、覚えておいてほしいところです。

お互いの理解のためには、うまくいく関係もやっぱり「摩擦」は避けられません。
当然です、だって、2人の意見があって、どちらかが譲るわけなのですから。この道理をわからないで、自分で「グイグイいく」か、「無関心」になると、簡単に離婚に至ります。結構簡単です。

筆者は、妻が都内の実家のため、喧嘩で意味不明なことを言われた時は、「はぁ?だったら、実家帰れば?」って言いたくなったことは、3~4度はあります。「言ったら、修復が難しい傷がはいる」という直感からグッと我慢してますが。

冷静になれば、彼女が実家に帰った場合・・・

相手の親御さんがどうしたか妻に聞く
 or
結婚が相当辛いと受け止める

⇒離婚を薦める
といったことになりかねないからです。

さて話は戻りますが、今までは週1回のデートで、お互いの嫌なところも見えなかったのですが、毎日一緒に居れば、嫌なこともたくさんでてきますし、喧嘩もします。

姉は彼氏と「家が近い」、かつ、「性格も激しい」ので、嫌になったら、さっさと家に帰ればいいし、「そもそも最初は、週末は実家に帰ってきたらどうか?」と言いました。そのほうが少しずつ慣れさせることができるからです。

それぐらい2つの文化が融合するのは大変なのです。
男性が慎重になるのは、その「厳しさを感じている」からです。

※慎重すぎて石橋を叩き壊す人が続出しますが・・・


【3】周りを気にしない

お隣さんはこうなのに!」は、男性にとって結構「しんどい」です。
半分、「結婚失敗したかも?」と思います。

この手の話を聞く度に。


うちの妻は、新婚旅行がシンガポールであることに結構難色を示しました。僕もわかっていましたが、いかんせん「金がなかった」というのが本音です。

今でこそ筆者が華やかな場合もありますが、
筆者は35歳ぐらいまで、
結構な金額を自己投資しています。
貯蓄の概念も緩かったのもありますけどね。

男性は、結婚前は、魅力的になるために散財し、結婚してから金を貯めるというのが、筆者の独自の意見です。


そもそも財布の紐をきつくしてたら、ご馳走癖はつきません。
非モテといわれる男性が、お金に厳しいのは、貯蓄しているからだと思いますので、当然です。しかし、女性は、エスコートがうまさにこだわる人は多数です。

貯蓄は多い方がいいけど、エスコート上手がいい、という「矛盾」を理解できる女性は少数ですよね。筆者は今振り返れば、よく結婚できたと思います。
いや、貯蓄額は隠していたか(笑)


話を戻します。

シンガポールへの新婚旅行に関しては、妻が、冗談めかしながら、緩く批判をして、僕に激怒されたこともあります。僕も珍しく興奮して、「だったら新婚旅行なんてやめればいいんだ!」ぐらいにいった覚えがあります。彼女は泣きじゃくっていましたが。


僕はカジュアルで質素な結婚を望んでいたのですが、
彼女の理想的な結婚ライフが大きな差でした。

※妻は両親への挨拶前は質素型でしたが、
 挨拶後、突然方向転換したのです。

妻の職場の同僚には、式は挙げないけど、新婚旅行では奮発した子がいます。うちの妻は、同時期の結婚でしたが、式もいい値段で挙げ、新婚旅行もガッツリとしようとしたんですね。

今の時代は、裕福ではありませんし、彼女が重視する「思い出作り」より、男性から見れば、「形が残るものにお金を使いたい」という気持ちが強いので、マイホームの頭金、引っ越しのための家具購入代のほうが現実的です。

途中から引け目を感じて、2度目の新婚旅行?として、ベタにハワイに行きました。新婚旅行と比べて、かなり安めにいけましたけどね。今思うと、金銭感覚がマヒしていたと思います、でも彼女へのエンターテイメントも家族サービスの一環なんですよね、、、男性にとって。

ま、姉は「超」質素型で、鼻息が白いぐらいの室温の部屋でもストーブすらつけない「仙人」か「修行僧」と僕によばれるぐらいなので、この辺は心配してません(笑)


さて、以上が「筆者の結婚生活」と「姉へのアドバイス」です。


僕たちの夫婦仲は?というと、僕は、まぁ日常のルーティーンワークで落ち着いたものですが、実家にいる間、妻から、「はらぺこロス!」というLineを何度ももらってます。

「はらぺこ」たる「筆者」は、昔から「冷めた性格」なので、ロスとか感じないんですよね。
「たった5日間だし?」とか思うのですが、妻には「5日間も」なんですよね。

妻が一緒に帰省していたら、アウェイな妻を気遣って年老いた両親の問題点が見えないので、意図的においてきました。姉の恋愛が進展し、メンタルが落ち着いた家は平穏そのもので、実家のペットも言葉をかなり覚えて、みんな仲良くしていて、よかったです。

次は、「子供ができたら東京ね」なんて自然に話せる関係です。
ここまで来るまでにどれぐらいかかったか、15年ぐらいかなぁ

ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ




アクセスカウンター
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

スポンサードリンク
最新コメント
最安値水準・一番お得相談所!
ゼクシィ縁結びカウンター

アラフォーなら婚活パーティ!
参加費1,000円~



楽天市場
お問い合わせ
お問い合わせは こちら
メッセージ

心の声をきかせてください♪

名前
メール
本文
スポンサードリンク