あくまで男目線のアラフォー婚活

恋愛力学を分析解析して婚活から結婚までを日記形式で語ります。

アラフォーとアラフォー向けの男目線を生かす婚活女子のためのブログ

番外編

男子が思う「女子に訪れる残酷な現実」


世の中は、つくづく残酷だとよく思う。

良いことがあったら、楽しむ。
悪いことを見たら、見ないようにする。

それが現実だ。


男性社会というのは、残酷なようでマイルドだ。
社会人になると、「おまえは使えねーゴミだ」そう教え込まれ、厳しい現実に直面する。

しかし、「若さ」があれば、乗り切れなくもない。
 
女性社会もそれなりに大変だろうが、現実への落とされ方が全然違うと思う。特に、特別扱い女性された女性ほど、残酷である。

筆者の会社の女性は、外資系のカラーのせいか、離婚率90%ぐらい。
会社の女性は、ほぼ40オーバーで、みんなバツイチ以上の経験者だ。

未婚も2人いるけど、見た感じ40歳に近い。
オシャレな彼女たちの笑顔に
男性は、年齢を感じるものだ。


ちなみに僕が入社する少し前に、
「しみ取り」が大流行していたらしい。
効果はあったみたいですが。


さて、話を戻そう。


この極端な事例:「外資系女性」、、、
というと華々しく、聞こえる。

僕の同僚は、「華々しかった」が正解だろう。

外資系の女性は、少し給料高めの男性達と働く。

外資系の女性の共通点は、

・勉強ができた・家柄が良かった → 語学力

・給料がいい → 倍率を勝ち抜く →容姿または特殊能力がある

「容姿」+「語学力」に加え、「若さ」が加わる。

そんな彼女達は、20代の頃は、毎日ナンパされ、高級接待を受ける。
そして、だらしない自分をさらけだしても許容される。
丸の内OL・溜池OLあるある」は、「働かないOL」だ。
※今でも存在する

男性から仕事を依頼されても無視して、
ランチ・ディナー・週末の予定を
どこにいくか悩むことが彼女たちの仕事だったりする。

そして、定時退社。

当然、全員こんな感じではない。

しかし、そんな待遇で
難しい仕事」・「面倒な仕事」を受ける勇者はいない。

要するに、
働かなくても許される状況が若いうちから出来上がるのだ
自分の容姿や育った環境から。

恐ろしいのは、ここからで、「それが当たり前」だと思うことだ。

そんな彼女たちも遊び疲れた頃に結婚という既定路線に乗る。
つまり、周りの男性と結婚、または、働き続けるわけだ。
しかし、女性が年を重ねると男性も「甘くはない」ので、結局離婚や退職となる。

そして、アラフォーになってから、勝負が始まる。


ここで改めて言うと、
外資系ではなくてもそうだが、

・20代の女性の見られ方
・30代の女性の見られ方
・40代の女性の見られ方

それぞれ周囲からの評価のされ方は異なる。

20代の頃の世間知らずな行動は、
40代になれば、周囲から失笑されるようになり、
周りから「かわいい」から「イタイ」に変わる。

そんな感じで、甘くされている本人は特別待遇を受けているつもりがないが、だんだん、男性と同じ扱われ方をするときに「耐えられるかどうか」が問題だ。

若い頃から男性とガツガツ仕事をする女性は、体力的な衰えを感じても、場慣れをしているので、世渡りはそれなりにできる。

問題は、「働かない女性」は、組織にとっては完全にお荷物。
ヘマをしたら、攻撃の対象となるので、逃亡生活が始まる。

うちの社内でも、元「美女」がいる。
仕事をお願いしても仕事を受けないので、「働かない人」で有名だ。
しかも、いい会社に勤めていて、待遇が良かった人ほど顕著だ。
彼女を守るのは、同じ「働かなかった」女性連合軍のみ。

意識を変えて働く女性ももちろんいる。

男性と感じ方が違うので、
仕事の進め方で周囲と摩擦も多少あるけど、
頑張る女性を僕は好きなので、仲良くさせてもらっている。

ただ、、、年齢と戦う若作りな容姿と行動をする彼女を「気持ち悪い」と言いい、若手の男性社員が彼女を攻撃をするケースもある。

彼女にとっては、若かった時の毎日ナンパされた頃とは、雲泥の差の扱いだろう。

しかし、誰も助けようとはしない。
彼女にかかるストレスは相当なものだろうと思う。

僕は余計なお世話ながら、
わざと明るい話を振って
彼女の気がまぎれるようにする。

彼女が孤立しないように。

彼女の心が折れないように。。




今日は、昔の女友達(40歳超)が部長と喧嘩したというLineをしてきた。
なんでも、僕が「悪い癖」として指摘している癖が出て、部長にキレてしまったらしい。

僕は言う。
「すぐに謝るんだ。
相手が感情的な中、わけわからない状態でも早く謝れば、
評価が下がるのは最低限に抑えられる。
しかし、時間がたって頭が整理された後の謝罪は、
あまり意味をなさなくなるから、一刻も早く謝るんだ」と。


しかし、彼女は結局、謝らなかった。


周囲の女性から「部長の機嫌が悪かったからしょうがない」というフォローがあったからだ。


男性社会では、一度でも感情的になったら、許されない烙印を押される。

40を超えた彼女の失態を、「部長」が簡単に許すわけがないし、
周りが許したからと言って、「部長」が許すかどうかは別の話だ。

彼女とその友達は、管理職と労働者の視点の違いが全く理解できていない。


そして、前々から彼女はこう言う。

「会社からの待遇が良くない、転職しようか悩んでいる」


僕は、転職の相談には乗るけど、
彼女の人生がうまくいくかは
ネガティブに未知数だと思ってみている。

彼女が、もしタイミングよく謝れる人であれば、
ポジティブに未知数、そう言えただろう。

しかし、状況が変わらなかった以上、
彼女を取り巻く状況は、今後もきっと変わらない。
日々厳しい現実だけは待っている。


それだけは確かだ


ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ




見た目でわかる「不幸になる予定」の女子


 こんなタイトルをつけると女性達から袋叩きにされそうだけど、敢えて書きます。

女子達から男子を見て、「暗そう」とか「キモい」というのは、比較的わかりやすいものです。

男性目線から見ると、普通の男子がやはり近づかない女性のカテゴリーがあります。

それは、「貧乏神」に憑りつかれているような女性です。

女子同士は、比較的グループで分かれているので、他のグループのことが無関心かもしれませんが、男性から見ても、ちょっと気持ち悪くて近づけないケースがあります。

雰囲気は、女性がオタクな男性を見る如く、清潔感はあるかもしれませんが暗い女子」です。
少しぐらい暗いなら「地味な人」に見えますが、本当に「暗いオーラ」が漂っているのです。

筆者は、社会人経験15年ぐらいの間に、
2回ほど、「超どんより」女子を見たことがあります。

筆者が、そして信じていたことがあります。
それは、
あの人すごく暗いけど、地味に真面目に仕事をしていて、実はいい人に違いない」と思っていたことです。

2回ほどお仕事をさせてもらって、思ったことは、
見た目が口ほどに物を言う」ことです。

やっぱり2人は近づけないと思いました。

1人目の人、Aさんは、超地味で服装も地味、お化粧もしません。
2人目の人、Bさんは、20歳近いお子さんがいるシングルマザーで、オシャレではありますが、どんよりしています。

Aさんは、仕事ぶりは報告書をキッチリこなすけど、寡黙な人。

しかし、お酒を飲むと、凶変。
あいつはいい気になっている!
愚痴が止まらなくなります。
普段から相当溜め込んでいるのでしょう。

酒のツマミに面白がる男子もいますが、
マイナス思考を吐いている彼女の形相は相当なものです。

普通はある程度の年になれば、うまく受け流すと思いますが。。。
彼女は50間近でも、人間性が暗いのです。

恐らくもう人間性が変わることはないでしょう。



Bさんは、オシャレですが、仕事がうまくいっておらず、トラブルメーカー。
自分の価値観に人を合わせさせるタイプで、上司にすら食って掛かります。

それなりにいい年の彼女、毎日遅くまで辛そうにしている時に、
同情し、彼女の相談に乗っていた筆者


しかし、最近は全く違います。

自分のやり方に従わない筆者にクレームを浴びせるようになっています。
異性だから言いやすいのかもしれませんが。

ちなみにBさんと筆者が仲がいい時のことです。
Bさんの失態に他部署の部長がクレームをつけてきました。

Bさんの上司は、「すいませんねーあはははー」と笑い話に
変えて相手の興奮をおさめました。


Bさんが、そこで筆者に行ったのは、
上司への感謝・・・ではなく、、、、

私を笑いものにして終わらせたわ!

。。。予想外の言葉でした。
明らかな彼女のミスでしたが。

しかし、その後も彼女から迷惑をかけて「申し訳ない
という言葉は聞くことができませんでした。

彼女は自分が悪くない、「相手が悪いんだ」という原則にいるのです。


ちょっと長くなりましたが、この2人の共通点は、「超ネガティブ思考」に支配されていることです。
普段からの服装ではなく、表情が暗く、人のことを恨めしく、攻撃的に見ていました。

その結果、外見、顔つき・表情に人となりが表れていたのです。

見た感じが暗いので、男性も仕事では話しても近づきません。
二人は「寂しい寂しい」、「辛い辛い」と言っているようです。


しかし、周りの女子は助けても、男子は誰も助けようとしません。
最初に手を差し伸べた筆者も、もう助けることはありません。

手を差し延べたとしても結論はわかっているはずです。


ネガティブ思考になることは誰でもあるでしょう。
でも、できるだけポジティブに考えて、
普段から表情を明るくしておくことをお勧めします。


筆者はそれが年を取るということだと思っています。


ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ







35歳過ぎたら人生は無限ループ


今回は、ちょっと番外編。

僕は、最近大きなプロジェクトを3つほど回している。
その中で担当している、法務と建築の人の話だ。 

筆者が仕事をうまく回しているかどうか、、、それはさておきだ。
簡単に僕のスタンスを言うと、「営業」と「建築」の掛け違いを、「まぁまぁ協力して、いい仕事して結果出しましょう!」というのが僕のスタンスだ。

今日の登場人物は、以下の通りだ。

・法務の人:45歳ぐらいの女性
・建築の人:45歳ぐらいの男性

大きなプロジェクトも期限が迫り、プロジェクトの完了には、次のフェーズへのための契約書作成の交渉やら建築する人達が工事会社さんと工事完了の大詰めの交渉をする

しかしながら、建築の人は、プロジェクトが完了する前の1週間前、つまり、「一番忙しい時」に堂々と退職。
入社1年で、みんなと揉めに揉めての退職だ。


法務の人は、田舎から出てきて1年。
一生懸命頑張っているが、、、いかんせん、実務経験が少ないが、上司に相談することなく、自己判断で何事もこなすので、事故多発
女子トークでは、悩みを打ち明けているらしい。「上司からの目が気になって眠れない」、そんな日が続いているという。。。(そりゃそーだ)

ちなみに、彼女は学生時代は、学歴社会を勝ち抜いた超難関大学出身だが、そのエネルギーが仕事ではマイナスに働き、「負けず嫌い」が異常に強く、「人の意見を受け入れられない性格」なのだ。新入社員でも相手と戦う人で、入社半年で最初喧嘩していた上司も放置している状態。
よって、こちらの法務の女性も、「いつやめてもおかしくはない」状態だ。


この両者に僕が思うことがある。


それは、「35歳の後の人生は自分との闘い」だ。

この2人の共通点は、「普通に話すといい人」なのだが、「仕事になると人が変わって狂暴になる」というところだ。

相談も顔を見て話すとひどくないが、メールだと「自分の仕事に口を出すな」という感じで、すぐにキレるのだ。自分が間違っていたとしても気が付かずに。

さらなる共通点は、恐らくどこの職場でも「仲間外れ」にはなっていたと思う。
なぜなら、仕事の進め方にみんなが諦めるか、あきれているからだ。
しかし、本人達は驚くぐらいに

「自分がやれることはやった」と自己満足に浸っている。正しいかどうか不安を抱えながら。。。。


そう、恐らくこの2人がはまっているパターンはこうだ。

入社の最初は、「新人だから」と周りが大目に見ていたことも、
1年もたてば、正体がバレたのだ。


恐らく前職でも周りからはいろいろと、アドバイスは受けていた。
でも性格の根っこはなかなか変わらないから「同じようにトラブル」になる。

そして、うまくいかなくて、結局退職・転職する。

恐らく、次の職場も同じことが起きるだろう。


実は、建築の人に関して言えば、僕は3年前に取引先で、難癖を付ける人がいて手を焼いていると聞いていた。転職先にその人がいるとは驚いたが。


人間は、わかっていても同じ過ちを犯して、
また環境を変えて、同じ過ちをし続ける生き物だと思う。


35歳にもなれば、20代からの失敗パターンに薄々気が付いている。
「あ~また、同じ気持ちになって、同じことをして、同じように周りから白い目で見られ始めてる」なんてね。


どこかで自分が変えられたなら、きっと幸せになるのだろう。
でもわかってるけど、うまくできない。


僕も他人事みたいに言ってるけど、僕もよくあることなんだよな。

できるなら次の転職を考える前に、今ここで変わっておきたい。
そしたら、「新しい環境」は必要なくなるのだから。



ブログランキング参加してます、応援お願いします!
   にほんブログ村 恋愛ブログ 婚活・結婚活動(本人)へ




アクセスカウンター

スポンサードリンク
最新コメント
最安値水準・一番お得相談所!
ゼクシィ縁結びカウンター

アラフォーなら婚活パーティ!
参加費1,000円~



楽天市場
お問い合わせ
お問い合わせは こちら
メッセージ

心の声をきかせてください♪

名前
メール
本文
スポンサードリンク